マスターズ

米国男子

F・モリナリが単独トップ ウッズは2打差2位タイ、松山英樹は25位

モリナリが昨年の「全英OP」に続くメジャー2勝目に近づいた マスターズ(2019)(3日目) 写真・Getty Images
モリナリが昨年の「全英OP」に続くメジャー2勝目に近づいた マスターズ(2019)(3日目) 写真・Getty Images
<マスターズ 3日目◇13日◇オーガスタナショナルGC(米国ジョージア州)◇7475ヤード・パー72>

海外男子メジャーの今季初戦「マスターズ」は、3日目の競技が終了。トータル13アンダーのトップに、昨年の「全英オープン」を制したフランチェスコ・モリナリ(イタリア)が立った。モリナリは6バーディ・ノーボギーと盤石のゴルフで、メジャー2勝目に近づいた。

2打差の2位タイには、5度目のマスターズ優勝を狙うタイガー・ウッズとトニー・フィナウ(ともに米国)が続く。6バーディ・1ボギーの「67」をマークしたウッズは、16番のバーディで一時トップに並ぶなど、ムービングデーのオーガスタを大きく沸かせた。

トータル10アンダーの4位に昨季メジャー2勝のブルックス・ケプカ(米国)、トータル9アンダー・5位タイにウェブ・シンプソン(米国)、イアン・ポールター(イングランド)がつけている。

決勝ラウンドを戦う日本勢3人は、松山英樹が8バーディ・2ボギー・1ダブルボギーの「68」で、トータル3アンダー・25位タイと順位を上げた。またアマチュアの金谷拓実(東北福祉大3年)もこの日4つ伸ばし、トータル1アンダー・39位タイで最終日を迎える。「73」と1つスコアを落とした小平智は、トータル2オーバーの50位タイ。

【3日目の成績】
1位:フランチェスコ・モリナリ(-13)
2位T:トニー・フィナウ(-11)
2位T:タイガー・ウッズ(-11)
4位:ブルックス・ケプカ(-10)
5位T:ウェブ・シンプソン(-9)
5位T:イアン・ポールター(-9)
7位T:マット・クーチャー(-8)
7位T:ジャスティン・ハーディング(-8)
7位T:ザンダー・シャウフェレ(-8)
7位T:ルイ・ウーストハウゼン(-8)
7位T:ダスティン・ジョンソン(-8)

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・アマの金谷拓実が6バーディ 松山英樹に並ぶアマ最少ストローク「68」
・「プレッシャーがなくなるのは引退の日」タイガーも感じる11年ぶりメジャー優勝への重圧
・トンガ・サモア系米国人のトニー・フィナウ はしゃぎ過ぎの捻挫から1年で「夢がかなった」の真意
・マスターズ委員会の決断 “嵐”予報で36年ぶり月曜日順延の可能性も
・マスターズでいちばん曲げない男 金谷拓実のゴルフが日本のジュニアに夢を与える【記者の目】

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ