プエルトリコオープン

米国男子

小斉平優和は予選落ち 米ツアーデビュー戦は週末に進めず

予選落ちとなった小斉平(写真は昨年Qスクール撮影) プエルトリコオープン(2019)(2日目) 写真・Getty Images
予選落ちとなった小斉平(写真は昨年Qスクール撮影) プエルトリコオープン(2019)(2日目) 写真・Getty Images

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1T D・J・トレイハン -5 -8
1T Nate Lashley -4 -8
1T Roberto Diaz -4 -8
4T ロジャー・スローン -5 -7
4T Martin Trainer -5 -7
4T ベン・クレイン -3 -7
7T ジョナサン・バード -5 -6
7T ジョンソン・ワグナー -3 -6
7T アーロン・バデリー -4 -6
7T Curtis Luck -4 -6
<プエルトリコオープン 2日目◇22日◇ココビーチゴルフ&CC(プエルトリコ)◇7506ヤード・パー72>

米国男子ツアー「プエルトリコオープン」が現地時間21日(木)に開幕し、第2ラウンドが終了した。米ツアーデビュー戦となった小斉平優和は、トータル6オーバー・110位タイで予選落ちとなった。

小斉平は4オーバー・117位タイからスタート。3バーディ・5ボギーの「74」とスコアを崩し、持ち直すことができずに週末に駒を進めることはできなかった。

2日目を終えて、トータル8アンダー・首位タイにはD・J・トラハンとネイト・ラシュリー(ともに米国)、ロベルト・ディアス(メキシコ)の3人が立った。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ