ジェネシスオープン

米国男子

豪雨・冷風に苦戦 松山英樹は11ホール消化で日没

松山英樹は11ホール消化で1オーバー・暫定42位タイ ジェネシス・オープン(2019)(初日) 写真・GettyImages
松山英樹は11ホール消化で1オーバー・暫定42位タイ ジェネシス・オープン(2019)(初日) 写真・GettyImages

リーダーズボード

<ジェネシス・オープン 初日◇14日◇リビエラCC(米国カリフォルニア州)◇7322ヤード・パー71>

伝統のリビエラが大雨に包まれ、異例の事態となった。米国男子ツアーの「ジェネシス・オープン」初日は、早朝6時40分にスタートしたものの、7時半に豪雨の影響で一時中断。その後、午後1時40分に再開されたが、早朝に行われたプレーはリセットされ、ゼロからのスタートとなった。

この日スタートできたのは半分の72人。誰ひとりホールアウトを迎えておらず、当初午後スタートだった選手はスタートすらできず。大会は大幅に遅れをとることになった。

調子上向きで大会に乗り込んだ松山英樹は、7時32分スタート予定だったが、10番ティでスタートを間近に控えた時点で中断のホーン。クラブハウスに戻って待機となったが、降りしきる大雨のため一度ホテルに引き上げた。

その後、松山は午後2時32分に第1ラウンドをスタート。2ホール目の11番パー5で1mのパーパットを外しボギーとすると、その後バーディを奪えず折り返し。11ホール目となる2番をパーとしたところで日没。1オーバーの暫定42位タイとし、残り7ホールは翌日に持ち越された。

豪雨のち冷たい風と難コンディションに苦戦した松山。2日目は午前7時から再開される。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ