ジェネシスオープン

米国男子

初日は日没サスペンデッド 松山英樹は暫定42位、タイガー・ウッズ、小平智はスタートできず

悪天候による大幅な遅れが影響した ジェネシス・オープン(2019)(初日) 写真・GettyImages
悪天候による大幅な遅れが影響した ジェネシス・オープン(2019)(初日) 写真・GettyImages

リーダーズボード

<ジェネシス・オープン 初日◇14日◇リビエラCC(米国カリフォルニア州)◇7322ヤード・パー71>

悪天候により大幅に遅れてスタートした「ジェネシス・オープン」の初日の競技は日没のためサスペンデッドとなった。

暫定首位は5アンダーまで伸ばしているジョーダン・スピース(米国)とカン・スン(韓国)。1打差の3位タイにジミー・ウォーカー、パトリック・ロジャース(ともに米国)が続いている。

松山英樹は11ホールを消化してノーバーディ・1ボギーとスコアを1つ落として1オーバー・暫定42位。午後組でスタート予定だったタイガー・ウッズ(米国)、もう一人の日本勢・小平智は大幅に遅れた影響により、この日のうちにティオフすることができなかった。

現地時間15日の午前7時より第1ラウンドが再開予定となっている。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ