ファーマーズインシュランスオープン

米国男子

94%のパーオン率で松山英樹が3位タイ 圧巻のバーディ締めで次週へ

最終日のパーオン率は驚異の90%超 松山英樹がキレのあるショットで上位フィニッシュ ファーマーズインシュランスオープン(2019)(最終日) 写真・Getty Images
最終日のパーオン率は驚異の90%超 松山英樹がキレのあるショットで上位フィニッシュ ファーマーズインシュランスオープン(2019)(最終日) 写真・Getty Images

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 ジャスティン・ローズ -3 -21
2 アダム・スコット -4 -19
3T 松山 英樹 -5 -16
3T Talor Gooch -4 -16
5T ジェイソン・デイ -5 -14
5T ローリー・マキロイ -3 -14
5T ジョン・ラーム E -14
8 ビリー・ホーシェル -2 -13
9T ゲーリー・ウッドランド -6 -12
9T キャメロン・スミス -7 -12
<ファーマーズ・インシュランス・オープン 最終日◇27日◇トリーパインズGC(米国カリフォルニア州)>

最終18番・パー5のセカンドショットは圧巻だった。3位タイで最終ホールを迎えた松山英樹は、ティショットこそ右のバンカーに外したが、そこから打ったセカンドを約5.5mの位置につけて周囲を圧倒。イーグル奪取とはならなかったが、このプレーで最終日のパーオン率90%超えを達成。難なくバーディで締め、トータル16アンダー・3位タイで大会を終えた。

予選ラウンドを終えて2位タイに浮上したが、3日目はティショットの不調で6位タイに後退。首位を独走するジャスティン・ローズ(イングランド)から引き離された。2シーズンぶりの優勝は遠のいたが、「去年はなかなか思うような成績が出ない中、今年はスイングを見つめ直して、こうやっていい成績が出たのでほっとしています」と、大会平均94.44%のパーオン率をたたき出したプレーが、次への大きな望みとなった。

次週は2016、17年と連覇を達成している「ウェイスト・マネージメント・フェニックス・オープン」に参戦。「(今日)いいプレーができたので、来週も楽しみ。ティショットとパッティングがうまくいけばチャンスがあると思うので、頑張りたい」と話した。この日の最終18番のショットは、強い松山の復活を物語っていた。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ