ファーマーズインシュランスオープン

米国男子

チップイン2回で2位浮上 松山英樹は久しぶりの優勝争いに“緊張”の予感

チップインを決める松山英樹 2位浮上で優勝争いへ ファーマーズインシュランスオープン(2019)(2日目) 写真・Getty Images
チップインを決める松山英樹 2位浮上で優勝争いへ ファーマーズインシュランスオープン(2019)(2日目) 写真・Getty Images

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 ジャスティン・ローズ -6 -15
2 松山 英樹 -6 -12
3T ライアン・パーマー -5 -10
3T ジョン・ラーム E -10
3T ビリー・ホーシェル -4 -10
6T Joel Dahmen -5 -9
6T キム・シウ -4 -9
6T ベ・サンムン -5 -9
9T ローリー・マキロイ -7 -8
9T アダム・スコット -6 -8
<ファーマーズインシュランスオープン 2日目◇25日◇トリーパインズGC(米国カリフォルニア州)>

松山英樹が存在感を見せつけた。2019年2戦目は、2日目を終えて単独2位。首位と3打差で決勝ラウンド初日を迎える心境は「緊張すると思います」。久しぶりの優勝争いでどんなパフォーマンスを見せるかは、本人にとっても未知数なのだろう。

初日を6アンダーで滑り出した。2日目はインスタートの10番でいきなりチップインバーディ。その後もスコアを伸ばし、迎えた後半の6番パー5。またしてもチップインでイーグルを奪取した。

「ショットもパットも、何が特別良かった分けではないんですけど、アプローチが2回入ってくれたというところで、スコア的に3打動いた。そこはすごく良かったなという感じです」と、グリーン回りから強さを見せた。

初日のフェアウェイキープ率は35.71%とティショットが暴れたが、それでも6アンダー。この日は「昨日に比べたらだいぶ安定しました」というドライバーショットで、フェアウェイキープは5ホールから9ホールに上昇。残すは「あんまり良くない」というアイアンの仕上がりだ。

とはいえ、チップインを決めたアプローチも「キャディと『止まれ、止まれ』とか、『もうちょっと行け、行け』とか、そういう感じ」と完全に納得はしていないが、「結果的にいい方向に向かっているので頑張りたい」と、残り2日間は楽しみなラウンドとなりそうだ。

「ボギーが1カ所だけなのでゲーム自体が安定している。まだ3日目ですが、緊張すると思いますし、どういう風になっていくかわからないけど、うまく対応できるように」と、手応えを感じながらも慎重姿勢は崩さない。

昨年はケガもあって未勝利に終わった松山。首位を走る世界ランキング1位のジャスティン・ローズ(イングランド)とのガチンコ対決を制することができれば、一気に世界トップへの道も見えてきそうだ。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・松山英樹と2日のラウンド 小平智は次週も練習ラウンドを申し入れ?
・気になる若手2人とのラウンド ウッズは“主将”としての目線で大忙し

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ