ファーマーズインシュランスオープン

米国男子

松山英樹が6位Tの好発進 新ルール、ピンを挿したままのパットの感想は?

6位の好発進を見せた松山英樹 ファーマーズ・インシュランス・オープン(2019)(初日) 写真・GettyImages
6位の好発進を見せた松山英樹 ファーマーズ・インシュランス・オープン(2019)(初日) 写真・GettyImages

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 ジョン・ラーム -10 -10
2T ジャスティン・ローズ -9 -9
2T Doug Ghim -9 -9
4 チェン・ツェン・パン -8 -8
5 ジョーダン・スピース -7 -7
6T Brandon Hagy -6 -6
6T バド・コーリー -6 -6
6T クリス・ストラウド -6 -6
6T チャールズ・ハウエルIII -6 -6
6T Richy Werenski -6 -6
<ファーマーズ・インシュランス・オープン 初日◇24日◇トリーパインズGC(米国カリフォルニア州)>

カリフォルニア州のトリーパインズGCで開幕した米国男子ツアー「ファーマーズ・インシュランス・オープン」初日の競技が終了。松山英樹が6バーディ・ノーボギーの「66」でラウンド。首位と4打差の6アンダー・6位タイと好位置につけた。

「何が特別良かったわけじゃないけど、うまく流れに身を任せてできたかなという感じ。今日はフェアウェイにはいかなかったけど、その後のショットでグリーンを捉えることができた」と話した松山。

パッティングにもいい感触を得ている。「おととい、いい感じかなと思ったところがあった。昨日プロアマでもそんなに悪くなかったので、いけるかなと思っていた。今日も途中で悪くなりそうな感じもあったけど、短いパットを外すことはなかったので良かったと思います」。前戦の「ソニー・オープン・イン・ハワイ」では苦しんだグリーン上を修正できたことが、ノーボギーへとつながっている。

また、この日は新ルールで可能となったピンを挿した状態でのパッティングも目立った。「(同組の)シウーが、ずっと挿しっぱなしなので(笑)。(一回一回)抜くのも面倒なので、もう挿しておけって」。やってみた感想は「あんまりわかんないですけど、どちらもあんまり変わらないですね」とのこと。

この日はスコアが出やすいノースコースでのプレーだが、明日は難易度が高いサウスコースでのプレーとなる。「フェアウェイにいかないと特にサウスは厳しいところがあるので、そこをしっかりと持って行けるようにがんばりたい」。課題としたティショットの修正をして、さらに上位を目指していく。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ