ヒーロー・ワールドチャレンジ

米国男子

松山英樹は後退 タイガー・ウッズが最下位、J・ラームら3人が首位

松山英樹は浮上ならず… ヒーロー・ワールドチャレンジ(2019)(3日目) 写真・Getty Images
松山英樹は浮上ならず… ヒーロー・ワールドチャレンジ(2019)(3日目) 写真・Getty Images
<ヒーロー・ワールドチャレンジ 3日目◇1日◇アルバニー・バハマ(7302ヤード・パー72)>

タイガー・ウッズ(米国)がホストを務める「ヒーロー・ワールドチャレンジ」3日目。日本から出場している松山英樹は「71」とスコアを伸ばしたものの、ビッグスコアを連発するトッププロに追いつくことができず、トータル3アンダーは18人中16位タイに後退した。

前半を3バーディ・3ボギーのイーブンパーとしてハーフターン。後半は3バーディを奪い順調に伸ばしていたが、最終18番でダブルボギーを喫し一気に後退した。

トータル13アンダーの首位タイにはジョン・ラーム(スペイン)、ヘンリック・ステンソン(スウェーデン)、トニー・フィナウ(米国)の3人。2打差の4位にゲーリー・ウッドランド(米国)、さらに1打差の5位にリッキー・ファウラー(米国)がつけている。

今季5年ぶりの復活優勝を果たした大会ホストのウッズは、3番でダブルボギーを喫するなど、トータル2アンダーで最下位に甘んじている。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ