ISPSハンダメルボルンワールドカップ・オブ・ゴルフ

米国男子

小平智&谷原秀人は6アンダー・13位 オーストラリアがトップタイ発進【ISPS Handa メルボルンゴルフW杯】

小平智、谷原秀人とのペアで6アンダー発進を決めた ISPSハンダ メルボルンワールドカップ・オブ・ゴルフ(2019)(初日) 写真・Gettyimages
小平智、谷原秀人とのペアで6アンダー発進を決めた ISPSハンダ メルボルンワールドカップ・オブ・ゴルフ(2019)(初日) 写真・Gettyimages
<ISPSハンダ メルボルンワールドカップ・オブ・ゴルフ 初日◇22日◇メトロポリタン・ゴルフ・クラブ>

11月22日(木)にオーストラリアのメトロポリタン・ゴルフ・クラブで開幕した「ISPSハンダ メルボルンワールドカップ・オブ・ゴルフ」の初日が終了。日本代表の小平智&谷原秀人ペアは2イーグル・3バーディ・1ボギーの「66」で回り、6アンダー・13位タイ発進を決めた。

初日はフォアボール形式(2人の競技者がそれぞれ自分の球をプレーし、良い方のスコアを採用)で行われ、前半は谷原が2つのイーグルを奪取するなど絶好調。4アンダーで折り返すと、後半では谷原が13番、小平が14番でこの日初バーディを奪うなどスコアを2つ伸ばし、首位と4打差の6アンダースタートとなった。

10アンダー・首位タイに優勝最右翼のホスト国・オ―ストラリア、イングランド、韓国の3カ国。1打差4位タイに前回王者のデンマーク、ベルギー、マレーシアが続いた。

大会は第1・3ラウンドがフォアボール形式、第2・4ラウンドがフォアサム形式(ペアが1つのボールを交互に打つ)でスコアが競われる。

ワールドカップの結果はこちら

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ