WGC-HSBCチャンピオンズ

米国男子

ザンダー・シャウフェレがプレーオフを制しツアー3勝目 松山英樹は30位タイ

シャウフェレがツアー3勝目 WGC-HSBCチャンピオンズ(2019)(最終日) 写真・Getty Images
シャウフェレがツアー3勝目 WGC-HSBCチャンピオンズ(2019)(最終日) 写真・Getty Images
<WGC-HSBCチャンピオンズ 最終日◇28日◇シャーシャン・インターナショナルGC(7261ヤード・パー72)>

米国男子ツアーの今季世界ゴルフ選手権初戦「WGC-HSBCチャンピオンズ」最終日。トータル14アンダーで首位に並んだザンダー・シャウフェレとトニー・フィナウ(ともに米国)のプレーオフにもつれ込んだ。プレーオフ1ホール目でパーとしたフィナウに対し、バーディを奪ったシャウフェレが勝負を制し、昨年の「ツアー選手権」以来となるツアー3勝目を飾った。

首位と4打差・3位にはジャスティン・ローズ(イングランド)、6打差・4位タイにはキラデク・アフィバーンラト(タイ)とアンドリュー・パットナム(米国)が入った。

日本勢では、35位タイから出た松山英樹がトータル3オーバー・30位タイ、小平智がトータル5オーバー・37位タイ。池田勇太がトータル12オーバー・64位タイ、稲森佑貴がトータル18オーバー・73位タイに終わった。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ