ザ・CJカップ・アット・ナインブリッジズ

米国男子

昨季メジャー2勝のB・ケプカが単独首位 松山英樹は8差17位

松山英樹、首位と8打差で最終日を迎える ザ・CJカップ・アット・ナインブリッジズ(2019)(3日目) 写真・岩本芳弘
松山英樹、首位と8打差で最終日を迎える ザ・CJカップ・アット・ナインブリッジズ(2019)(3日目) 写真・岩本芳弘
<ザ・CJカップ・アット・ナインブリッジズ 3日目◇20日◇ナインブリッジ・韓国(7196ヤード・パー72)>

米国男子ツアー2018-19シーズンの第3戦「ザ・CJカップ・アット・ナインブリッジズ」3日目の競技が終了。昨季メジャー2勝のブルックス・ケプカ(米国)が5バーディ・ノーボギー「67」と5つ伸ばし、トータル13アンダー・単独首位に躍り出ている。

4打差2位タイにイアン・ポールター(イングランド)とスコット・ピアシー(米国)。5打差4位タイにパット・ペレス、ゲーリー・ウッドランド、チェズ・リアビ、ジェイミー・ラブマーク(いずれも米国)、ラファ・カブレラ・ベロ(スペイン)、キャメロン・スミス(オ―ストラリア)ら6人が続いた。

トータル1オーバーからスタートした今季初戦の松山英樹は、6バーディ・ノーボギー「66」の猛チャージ。首位と8打差のトータル5アンダー・17位タイに浮上して最終日を迎える。

【3日目の順位】
1位:ブルックス・ケプカ(-13)
2位T:イアン・ポールター(-9)
2位T:スコット・ピアシー(-9)
3位T:キャメロン・スミス(-8)
3位T:チェズ・リアビ(-8)
3位T:パット・ペレス(-8)
3位T:ラファ・カブレラ・ベロ(-8)
3位T:ゲーリー・ウッドランド(-8)
3位T:ジェイミー・ラブマーク(-8)

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ