CIMBクラシック

米国男子

通算26アンダーまで伸ばしたM・リーシュマンが米4勝目 小平智は43位

マーク・リーシュマンが米4勝目! CIMBクラシック(2019)(最終日) 写真・Getty Images
マーク・リーシュマンが米4勝目! CIMBクラシック(2019)(最終日) 写真・Getty Images

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 マーク・リーシュマン -7 -26
2T エミリアノ・グリオ -6 -21
2T チェッソン・ハドリー -6 -21
2T Bronson Burgoon -4 -21
5T ジャスティン・トーマス -8 -20
5T Abraham Ancer -7 -20
5T チャールズ・ハウエルIII -5 -20
5T ルイ・ウェストヘーゼン -3 -20
5T ゲーリー・ウッドランド -1 -20
10T ケビン・チャペル -7 -19
<CIMBクラシック 最終日◇14日◇TPCクアラルンプール・マレーシア(7005ヤード・パー72)>

米国男子ツアーの2018-19シーズン第2戦「CIMBクラシック」は全競技が終了し、トータル26アンダーまで伸ばしたマーク・リーシュマン(オーストラリア)が優勝。米ツアー4勝目を挙げた。

4打差の2位タイにはエミリアーノ・グリジョ(アルゼンチン)、チェッソン・ハドリー(米国)、ブロンソン・バーグーン(米国)の3人。世界ランク4位のジャスティン・トーマス(米国)はトータル20アンダーで5位タイに入った。

日本勢唯一の出場となる小平智は前半で4連続バーディを奪うなど見せ場を作ったが、後半伸ばせずトータル9アンダー。43位タイで4日間を終えている。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ