ツアー選手権

米国男子

会心イーグルも立て直せず16位後退 松山英樹は今季最後の18ホールに向けて「来季にきっかけが見つかれば」

16位に後退した松山英樹 ツアー選手権(2018)(3日目) 写真・岩本芳弘
16位に後退した松山英樹 ツアー選手権(2018)(3日目) 写真・岩本芳弘
<ツアー選手権 3日目◇22日◇イースト・レイクGC(7,362ヤード・パー70)>

ムービングデーに浮上はならなかった。米国男子ツアーの今季最終戦「ツアー選手権」3日目。松山英樹は1イーグル・1バーディ・4ボギー、「71」とスコアを1つ落とし、トータル1アンダー・16位に後退した。

出だしの1番からボギーを叩く嫌な流れ。さらに4番でもスコアを落としたが、6番パー5で残り243ヤードからの2打目を「いいライでしたし、上手く打てた」と約80cmにつけて、もう少しでアルバトロスという会心のイーグル。さらに8番でもバーディを奪い、リズムを取り戻す。

だが、そこから勢いを加速できなかった。折り返しての12番でボギーを叩くと17番も寄らず入らずのボギー。18番でも約2.2mのバーディパットを外し後半で2つ落とす展開。「うまくショットは立て直せるような雰囲気はあった。チャンスも多かったし、ただ決めきれないというところで。まあ、やっぱりそのあとのスコアにつながったな」と肩を落とした。

明日は泣いても笑っても今シーズン最後のラウンド。「今、課題としていることをしっかりとやって、また来年のシーズンに向けて1つでもきっかけが見つかればいいなと思います。少しずつ良い方向には進んでいるのは間違いないんですけど、よくなりそうな中で波が、自分の中ではすごく大きい。でも一時期から見たらだいぶよくなっている。良くなって来たからこそもっと、ここ(の順位)に居たくないんで。もっと上で優勝争いをした中で良いショットを打てるように」と最後の18ホールを見据えた。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・タイガー・ウッズがベストスコアで首位浮上 3打リードに勝利への思惑は?

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ