BMW選手権

米国男子

トップ30に入り最終戦行き決めた松山英樹「とりあえず休みます」

15位タイに終わった松山英樹 写真・Getty Images
15位タイに終わった松山英樹 写真・Getty Images
<BMW選手権 5日目◇10日◇アロニミンクGC(7190ヤード・パー70)>

前週の試合から中2日の強行日程に加え、6連戦の最終試合。さらには悪天候による月曜日決着と、厳しい1カ月あまりの戦いを終えた松山英樹。4打差を追ってスタートした最終日は、4バーディ・3ボギーの1アンダーにとどまり、トータル14アンダー・15位タイで大会を終えた。

スタートからバーディを奪いチャージを予感させたが、その後は一進一退のゴルフで終わってみればスコアを伸ばしあぐねた。「フェアウェイも行っていないし、4日間の中で一番グリーンも外している。その中でもチャンスにはつけられたけどパットが決めきれなかった」と、1日を振り返った。

期待された今季初優勝こそ逃したが、この結果フェデックスカップランキングで27位に入り、1週空けて行われる今季最終戦の「ツアー選手権」への出場も決まった。前週4位から、この日も上位争いの末に大会5日間を終えたが、さすがに疲れも見える。「ゴルフはしません。とりあえず休みます」と、ひとまずは休息をとって最終決戦に備える予定だ。

今大会前のプロアマ戦を体調不良で途中リタイヤするなどアクシデントにも見舞われた。前日の日曜日は結果的に休息となったが、「体調もあまりよくならなかった」とし、厳しいラウンドだったことを明かす。ツアーのフィナーレに向けて、あと1週間でどこまで回復するのか。最終戦では元気な姿を見せて有終の美を飾りたい。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・ジョーダン・スピースが逃した最終戦行き、タイガーは5年ぶり出場 トップ30に残ると何がおいしい?

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ