デル・テクノロジーズ選手権

米国男子

J・ローズ単独トップ 松山英樹は42位T、小平智は89位Tで大きく出遅れ

松山英樹はやや出遅れのスタート デル・テクノロジーズ選手権(2018)(初日) 写真・Getty Images
松山英樹はやや出遅れのスタート デル・テクノロジーズ選手権(2018)(初日) 写真・Getty Images
<デル・テクノロジーズ選手権 初日◇31日◇TPCボストン(7,342ヤード・パー71)>

米国男子ツアーのプレーオフシリーズ2戦目「デル・テクノロジーズ選手権」が開幕。前週15位タイでフィニッシュした松山英樹は、3バーディ・1ボギー・1ダブルボギーの「71」でイーブンパー。42位タイのスタートとなった。

6アンダーの単独首位は今季2勝のジャスティン・ローズ(イングランド)。1打差の2位タイにラッセル・ノックス(スコットランド)とアブラハム・アンサー(メキシコ)。キーガン・ブラッドリー、クリス・カーク、ゲーリー・ウッドランド(いずれも米国)ら4人が4アンダーの4位タイにつける。

ダスティン・ジョンソン(米国)は3アンダーの8位タイ。ブルックス・ケプカ(米国)は2アンダー・16位タイ。タイガー・ウッズ(米国)は1オーバーの57位タイとやや出遅れている。

日本勢では、小平智が1バーディ・6ボギーの「76」。5オーバー、89位タイの苦しい出だしになっている。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ