ザ・ノーザントラスト

米国男子

1打差までに17人が並ぶ混戦 松山英樹が1打差5位タイ、小平智は96位タイ発進

松山英樹がプレーオフ初戦を好スタート ノーザン・トラスト(2018)(初日) 写真・Getty Images
松山英樹がプレーオフ初戦を好スタート ノーザン・トラスト(2018)(初日) 写真・Getty Images
<ノーザン・トラスト 初日◇23日◇リッジウッドCC(7385ヤード・パー71)>

米国男子ツアーのプレーオフシリーズ初戦「ノーザン・トラスト」の初日が終了。第1ラウンドでは、1打差までに17人がならぶ混戦となった。トータル5アンダーで首位タイに立ったのは、ジェイミー・ラブマーク、ケビン・ツエー、ボーン・テイラー、ショーン・オヘア(すべて米国)の4人。

フェデックスカップランキング76位から参戦の松山英樹は、首位と1打差・5位タイ発進を決めた。松山と同じく5位タイには、世界ランク1位のダスティン・ジョンソン、同ランク2位のブルックス・ケプカ(ともに米国)ら13人が並んでいる。

日本勢では小平智が2オーバー・96位タイと出遅れ。海外メジャー「全米プロゴルフ選手権」で優勝争いを演じたタイガー・ウッズ(米国)は、イーブンパー・60位タイ発進となった。

プレーオフシリーズは全4試合が行われ、今大会終了後のランキング上位100人が第2戦へ出場、第3戦は上位70人、最終戦の「ツアー選手権」は上位30人の選ばれし選手だけが出場を許される。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・小平智はショットの不調で出遅れ プレーオフ初戦は96位タイ発進

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ