WGC-ブリヂストンインビテーショナル

米国男子

ジャスティン・トーマスがWGC初制覇 松山英樹、時松隆光が日本勢最上位39位タイ

JTが世界ゴルフ選手権シリーズ初制覇! WGC-ブリヂストンインビテーショナル(2018)(最終日) 写真・岩本芳弘
JTが世界ゴルフ選手権シリーズ初制覇! WGC-ブリヂストンインビテーショナル(2018)(最終日) 写真・岩本芳弘

リーダーズボード

<WGC-ブリヂストン招待 最終日◇5日◇ファイアーストーンCC(7,400ヤード・パー70)>

「WGC-ブリヂストン招待」の最終ラウンドが終了。トータル14アンダー・単独首位から出たジャスティン・トーマス(米国)が、トータル15アンダーでツアー9勝目を挙げた。世界ゴルフ選手権シリーズ制覇は自身初となる。

4打差・2位にはカイル・スタンレー(米国)、5打差・3位タイにはダスティン・ジョンソン(米国)とトービヨン・オルセン(デンマーク)が入った。


日本勢では、トータル1オーバーで終えた松山英樹と時松隆光が39位タイで最上位となった。小平智はトータル7オーバー・63位タイ。市原弘大はトータル13オーバー・69位タイで大会を終えた。

大会8勝のタイガー・ウッズ(米国)はトータル3オーバー・31位タイ。リッキー・ファウラー(米国)はトータル5アンダー・17位タイとなった。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・タイガー・ウッズは最後のファイアーストーンでバーディ締め スタンディングオベーションでお別れ
・最終日に意地 市原弘大、亡き恩師に捧げる涙のアンダーパー
・時松隆光が松山英樹と並び日本勢最上位 4日間で感じた世界との差を埋めるために必要なこと
・ジャスティン・トーマスが家族に捧げるWGC初制覇!「今までこんな感情になったことない」
・ダスティン・ジョンソン、2018年の最新スイング【ドライバー連続・正面】
・猛追届かずも… ダスティン・ジョンソンはパターチェンジ奏功でメジャーに好材料

・アメリカの電光掲示板がすごすぎる! そして、ばいばいファイアーストーン【記者AはじめてのWGC&全米プロ#8】

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ