バラクーダ選手権

米国男子

WGCの裏トーナメント O・シュナイダーヤンズが単独首位発進

キャップを着けないスタイルが特徴のO・シュナイダーヤンズが首位発進 バラクーダ選手権(2018)(初日) 写真・GettyImages
キャップを着けないスタイルが特徴のO・シュナイダーヤンズが首位発進 バラクーダ選手権(2018)(初日) 写真・GettyImages

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 オリー・シュナイダージャンズ +17 +17
2T アーロン・バデリー +14 +14
2T Denny McCarthy +14 +14
4 ロバート・ストレブ +13 +13
5T ライアン・パーマー +12 +12
5T ハドソン・スワッフォード +12 +12
7T ジョン・メリック +11 +11
7T タイローン・バン・アスウェーゲン +11 +11
7T Ben Silverman +11 +11
10T マイケル・トンプソン +10 +10
<バラクーダ選手権 初日◇2日◇モントリューG&CC(7,472ヤード・パー72)>

同週開催の世界ゴルフ選手権「WGC-ブリヂストン招待」の裏トーナメント、米国男子ツアー「バラクーダ選手権」が現地時間8月2日(木)に開幕。「モディファイド ステーブルフォード形式」で行われるPGAツアー唯一の大会で、各ホールでのパフォーマンスにより与えられる得点※で競う。

その初日、17ポイントを積み上げたオリー・シュナイダーヤンズ(米国)が単独首位発進。3ポイント差の2位タイにはアーロン・バデリー(オーストラリア)とデニー・マッカーシー(米国)が続いた。

これまで4度出場し、すべてでトップ10入りしているマーティン・レアード(スコットランド)は9ポイントの19位タイ。昨年覇者のクリス・ストラウド(米国)は7ポイントの33位タイとしている。

※イーグル5ポイント、バーディ2ポイント、パー0ポイント、ボギーマイナス1ポイント、ダブルボギーマイナス3ポイント

【初日の順位】
1位:オリー・シュナイダーヤンズ(17pt)
2位T:アーロン・バデリー(14pt)
2位T:デニー・マッカーシー(14pt)
4位:ロバート・ストレブ(13pt)
5位T:ライアン・パーマー(12pt)
5位T:ハドソン・スワフォード(12pt)

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ