全英オープン

米国男子

好スタートの池田勇太にメジャー“新戦略”「気合は成田に置いてきた」

要所でパットを決めてアンダーパースタートを決めた池田 全英オープン (2018)(初日) 写真・村上航
要所でパットを決めてアンダーパースタートを決めた池田 全英オープン (2018)(初日) 写真・村上航

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 ケビン・キスナー -5 -5
2T Erik van Rooyen -4 -4
2T トニー・フィナウ -4 -4
2T Zander Lombard -4 -4
5T ブランドン・ストーン -3 -3
5T ライアン・ムーア -3 -3
5T ブレンダン・スティール -3 -3
8T マシュー・サウスゲート -2 -2
8T ダニー・ウィレット -2 -2
8T 康 晟訓 -2 -2
<全英オープン 初日◇19日◇カーヌスティGL(7402ヤード・パー71)>

10人が出場している日本勢で唯一のアンダーパーをマークしたのが池田勇太。5バーディ・4ボギーの「70」。1アンダー、18位タイの滑り出しに充実の表情を見せた。

【関連写真】全英OPがいよいよスタート!開幕前の様子を写真でお届け

4年連続7度目の出場。過去4度の予選落ちに、最高成績は2011年の38位タイ。16年も予選通過を果たしているが、72位タイに終わった。近年は日本ツアーのエースとして精力的に海外転戦を重ねているが、思うような成績を生み出せずにいた。メジャー大会もしかりで、昨年のマスターズから5試合連続の予選落ちとなっている。

「メジャーは自分でチャンスをつかめないと出られない。こうやってチャンスを得られた試合をどう戦うか考えていく」。悔しい結果を受け入れて、今回は自身の性格も考慮して、あえての作戦に出た。「どうしても気合いが入りやすいタイプだから。『やってやろう』って。それをあえて成田に置いてきた」と、リラックス効果もあって、アンダーパーグループをキープした。

ショットとパットの組み立てが良かったと、納得のラウンド。「バーディがこれだけ多く出ているので、ちょっと出入りの激しいゴルフというか、ボギーも多かった。まあ、それもコースのセッティング上、仕方ないのかな」。ショットでつけて短いバーディパットを決め、きわどいパーセーブパットでもしのいだ池田。「久しぶりにいいゴルフ」と、2日目に期待を持たせる。

「明日もアンダーパーで回りたい」としながらも、「明日は明日。今日のことはここでおしまい」と気を引き締める。それでも、「メジャーと思わず、気楽な感じでいく」と、自然体を貫く構え。首位とは4打差。“メジャーでの結果”を求めすぎなければ、おのずと上は見えてくるはずだ。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・松山英樹は苦戦の出遅れも「最後はショットの感触良かった」
・首位発進のケビン・キスナーが盟友ジョーダン・スピースのために果たすこと
・ミケルソンとのラウンドにも物怖じ一切なし! 復調の糸口見つけた小平智「明日は期待できそう」
・3Wで407ヤード記録もクリークへ…「いいところがなかった」松山英樹、全英自己ワーストの船出
・1オーバー発進の初出場・時松隆光 「世界の舞台でやっていきたい」【初日コメント集】
・ローリー・マキロイはとにかく頑固にドライバー「勇者には幸運が訪れる」

・タイガー・ウッズは“攻め”封印、“守り”のゴルフで上々の発進

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ