全英オープン

米国男子

松山英樹は110位出遅れ K・キスナーが単独トップ、ウッズはイーブンパー

松山英樹は精彩を欠く一日となった 全英オープン (2018)(初日) 写真・村上航
松山英樹は精彩を欠く一日となった 全英オープン (2018)(初日) 写真・村上航

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 ケビン・キスナー -5 -5
2T Erik van Rooyen -4 -4
2T トニー・フィナウ -4 -4
2T Zander Lombard -4 -4
5T ブランドン・ストーン -3 -3
5T ライアン・ムーア -3 -3
5T ブレンダン・スティール -3 -3
8T マシュー・サウスゲート -2 -2
8T ダニー・ウィレット -2 -2
8T 康 晟訓 -2 -2
<全英オープン 初日◇19日◇カーヌスティGL(7402ヤード・パー71)>

海外メジャー今季第3戦「全英オープン」初日が行われ、1イーグル・4バーディ・1ボギーの「66」をマークしたケビン・キスナー(米国)が、5アンダーで単独トップに立った。米国ツアー通算2勝をマークしている34歳が、初のメジャー制覇に向け好スタートを切った。

1打差の2位タイにはトニー・フィナウ(米国)、ザンダー・ロンバード、エリック・ヴァン・ローエン(ともに南アフリカ)の3人が続いている。

日本男子初の海外メジャー優勝が期待される松山英樹は、1バーディ・5ボギーの「75」と苦しいラウンドで、4オーバー・110位タイと出遅れた。ショット、パットともに精彩を欠いた松山は、14番でこの日唯一のバーディを奪ったものの、巻き返しが必要となる順位で2日目に向かう。

日本勢の最上位につけたのは、1アンダー・18位タイの池田勇太。宮里優作は、松山とともにラウンドしたタイガー・ウッズ(米国)らと並ぶイーブンパー・32位タイで初日を終えた。

この他の日本選手の成績は、時松隆光、小平智がともに1オーバー・50位タイ。谷原秀人が松山と並び4オーバーで初日を終えた。秋吉翔太と川村昌弘は6オーバー・137位タイ、市原弘大は7オーバー・141位タイ、小林正則は11オーバー・154位タイだった。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)


ALBA.Net関連記事
・松山英樹は苦戦の出遅れも「最後はショットの感触良かった」
・首位発進のケビン・キスナーが盟友ジョーダン・スピースのために果たすこと
・ミケルソンとのラウンドにも物怖じ一切なし! 復調の糸口見つけた小平智「明日は期待できそう」
・3Wで407ヤード記録もクリークへ…「いいところがなかった」松山英樹、全英自己ワーストの船出
・1オーバー発進の初出場・時松隆光 「世界の舞台でやっていきたい」【初日コメント集】
・ローリー・マキロイはとにかく頑固にドライバー「勇者には幸運が訪れる」

・タイガー・ウッズは“攻め”封印、“守り”のゴルフで上々の発進

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ