トラベラーズ選手権

米国男子

B・ワトソンが「63」で6打差逆転!大会3勝目を挙げる

大会3勝目を挙げたバッバ・ワトソン トラベラーズ選手権(2018)(最終日) 写真・Getty Images
大会3勝目を挙げたバッバ・ワトソン トラベラーズ選手権(2018)(最終日) 写真・Getty Images

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 バッバ・ワトソン -7 -17
2T スチュワート・シンク -8 -14
2T ボウ・ホスラー -4 -14
2T J・B・ホームズ -3 -14
2T ポール・ケイシー +2 -14
6T ケビン・ツエー -5 -13
6T ブライアン・ハーマン -2 -13
6T ラッセル・ヘンリー -1 -13
9T Chase Seiffert -6 -12
9T ブライソン・デシャンボー -2 -12
<トラベラーズ選手権 最終日◇24日◇TPCリバー・ハイランズ(6841ヤード・パー70)>

コネチカット州のTPCリバー・ハイランズを舞台に開催された米国男子ツアー「トラベラーズ選手権」。最後に笑ったのは2010年、15年の大会覇者バッバ・ワトソン(米国)だった。

首位と6打差。トータル10アンダーの6位タイから出たワトソンは前半でスコアを2つ伸ばすと、バックナインで圧巻の5バーディ。首位から出たものの苦しむポール・ケーシー(イングランド)を尻目にスコアを伸ばし、トータル17アンダーまで伸ばして3度目のタイトルを掴んだ。

トータル14アンダーの2位タイにはそのケーシーのほかにスチュワート・シンク(米国)、ボウ・ホスラー(米国)、J・B・ホームズ(米国)の4人が入った。

その他、ローリー・マキロイ(北アイルランド)、ジェイソン・デイ(オーストラリア)はトータル11アンダーの12位タイ。「全米オープン」で連覇を達成したブルックス・ケプカ(米国)はトータル9アンダーの19位タイ、昨年覇者のジョーダン・スピース(米国)はトータル4アンダー・42位タイで4日間を終えた。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ