ザ・メモリアルトーナメント presented by Nationwide

米国男子

松山英樹、ショット不調に「悔しい週末」 全米OPに向け厳しい口調

13位タイで終えた松山英樹 ザ・メモリアルトーナメント presented by Nationwide(2018)(最終日) 写真・Getty Images
13位タイで終えた松山英樹 ザ・メモリアルトーナメント presented by Nationwide(2018)(最終日) 写真・Getty Images
<ザ・メモリアル・トーナメント 最終日◇3日◇ミュアフィールド・ビレッジGC(7,392ヤード・パー72)>

久々首位タイ発進も実らなかった。米国男子ツアー「ザ・メモリアル・トーナメント」最終日、2014年大会の覇者・松山英樹は4バーディ・3ボギーの「71」と1つしか伸ばせず、トータル10アンダーの13位タイで4日間を終えた。

ラウンドを終えて「今日はマイナス100点」と話していた3日目に続き、この日も「昨日の最後良い兆しが見えたけど、お先真っ暗で終わりました」と悔しい1日に。予選ラウンドでは、5月の「ウェルズ・ファーゴ選手権」以降、続いていた苦しい戦いをかき消すようなプレーを見せていただけに、唇を噛む。

「初日、2日目とこれまでの悪い流れをうまく消すような良いプレーができた。ショットに関してはその2日間は良かったが、3日目、4日目と悪かったということで、何が原因なのか、また全く分からない状態になってしまった。ちょっと悔しい週末になりました」。

唯一の救いはスコアをまとめられたこと。「こんだけショットが荒れて、グリーンをキャッチできなくてもなんとかアンダーパーで回れて良かった」。それでも「収穫はない」とはき捨てた。

次戦は、14日(木)から始まる海外メジャー第2戦「全米オープン」。たくさん残ったという課題を修正するのは「多分無理だと思います」と厳しい口調だが、「それでも試合は始まるし悪くてもやらなくちゃいけない」。昨年2位となった戦いに向け、「球打ちを今までの倍ぐらいする感じでいきたい。僕自身球数打たないと、上手くいかないプレーヤーなのかなと思い始めた」。悲願のメジャー制覇へ、立ち止まるわけにはいかない。


記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・「5~6年前のショットの感覚」ウッズは全米オープンへ好感触
・腰痛に苦しむ宮里優作 全米OP最終予選会は「起きてから判断」
・科学者も帝王の前ではタジタジ? B・デシャンボー「ジャック・ニクラスのコースでの優勝は特別」/strong>・帝王ニクラス、松山英樹、B・デシャンボーが刻む歴史【舩越園子コラム】

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ