AT&Tバイロン・ネルソン

米国男子

単独首位はM・リーシュマンがキープ 松山英樹が20位Tに浮上、小平智は予選落ち

松山英樹は20位タイと大きく前進! AT&Tバイロン・ネルソン(2018)(2日目) 写真・Getty Images
松山英樹は20位タイと大きく前進! AT&Tバイロン・ネルソン(2018)(2日目) 写真・Getty Images

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 マーク・リーシュマン -5 -15
2 Aaron Wise -8 -14
3 ブライアン・ゲイ -9 -13
4T ジミー・ウォーカー -4 -11
4T エリック・アックスリー -6 -11
4T ケビン・ナ -6 -11
7T マーティン・ピラー -8 -10
7T アダム・スコット -6 -10
7T マット・ジョーンズ -6 -10
7T ケビン・ツエー -6 -10
<AT&Tバイロン・ネルソン 2日目◇18日◇トリニティ・フォレストGC(7,380ヤード・パー71)>

米国男子ツアー「AT&Tバイロン・ネルソン」の第2ラウンドが終了。1オーバー・120位タイ発進と出遅れた松山英樹が、この日に「63」と猛追。8バーディ・ノーボギーと圧巻のプレーを見せてトータル7アンダー・20位タイに大きく順位を上げた。

松山と同組で予選ラウンドを戦った小平智はイーブンパー・104位タイから2日目をスタート。2バーディ・5ボギーの「73」とスコアを落とし、トータル2オーバー・140位タイで予選落ちとなった。

トップは初日に続いてマーク・リーシュマン(オーストラリア)がキープ。5ストローク伸ばし、トータル15アンダーとなっている。1打差・2位にはアーロン・ワイズ(米国)、首位と2打差・3位にはブライアン・ゲイ(米国)が続いた。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・小平智、同組の松山英樹に「良いお手本になった」

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ