ウェルズファーゴ選手権

米国男子

ジェイソン・デイが2位浮上!松山英樹はギリギリで予選通過

辛くも決勝ラウンドにコマを進めた松山英樹 調子は上向きだ(写真はマスターズのもの) ウェルズ・ファーゴ選手権(2018)(2日目) 写真・Getty Images
辛くも決勝ラウンドにコマを進めた松山英樹 調子は上向きだ(写真はマスターズのもの) ウェルズ・ファーゴ選手権(2018)(2日目) 写真・Getty Images
<ウェルズファーゴ選手権 2日目◇4日◇クエール・ホローC(7,554ヤード・パー71)>

ノースカロライナ州のクエール・ホローCにて行われている米国男子ツアー「ウェルズファーゴ選手権」2日目。6オーバー・135位タイと出遅れた松山英樹は1イーグル・3バーディ・ノーボギー・1ダブルボギーの「68」とスコアを3つ伸ばし、トータル3オーバーの70位タイとカットラインギリギリで予選を突破した。

トップはトータル7アンダーのピーター・マルナッティ(米国)。1打差の2位タイにジェイソン・デイ(オーストラリア)、アーロン・ワイズ(米国)の2人。トータル5アンダーの4位タイにチャール・シュワーツェル(南アフリカ)、ポール・ケーシー(イングランド)の2人が続いている。

3アンダー・7位タイと好スタートを切ったロリー・マキロイ(北アイルランド)は「76」と精彩を欠きトータル2オーバーの48位タイに後退。タイガー・ウッズ(米国)も同じく48位タイで予選を通過している。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ