RBCヘリテージ

米国男子

小平智が「63」の爆発!米ツアー予選落ち危機から一転、優勝争いへ

8アンダーのラウンドで一気に優勝争いにジャンプアップした小平智 RBCヘリテージ(2018)(2日目) 写真・パーゴルフ
8アンダーのラウンドで一気に優勝争いにジャンプアップした小平智 RBCヘリテージ(2018)(2日目) 写真・パーゴルフ
<RBCヘリテージ 2日目◇14日◇ハーバータウンゴルフリンクス(7,099ヤード・PAR71)>

初出場の「マスターズ」で躍動した小平智が、2戦続けての好プレーを見せた。米国男子ツアーの「RBCヘリテージ」の第2ラウンドが行われ、日本勢で1人参戦している小平智は、8バーディ・ノーボギーの「63」をたたき出し、トータル6アンダー・13位タイで楽々予選通過を決めた。

初日は好調とは裏腹にスコアメイクに苦労したが、この日は持ち前の攻撃ゴルフが見事に機能した。前半だけで4バーディを奪い後半に突入。バーディを3つ重ねて迎えた16番でセカンドショットをミスしてグリーン奥にこぼしピンチを迎えたが、3メートルを沈めてパーセーブ。最終18番でも4メートルを沈めてみせ、この日だけで8アンダーの大爆発。全選手中ベストスコアをマークした。

世界ランク50位以内の資格で出場している小平。今年の目標は海外メジャー全4試合への出場と、ランクキープで、海外ツアーへの出場をできる限り可能にすること。少ないチャンスを生かして海外での活躍を見つける旅は、4月に入って急速に輝きを増している。

なお、首位はトータル10アンダーでブライソン・デシャンボー(米国)。1打差の2位タイにキム・シウ(韓国)、イアン・ポールター(イングランド)の2人。トータル8アンダーの4位タイにブラント・スネデカー(韓国)ら4人。トータル7アンダーの8位タイに5人が続く大混戦。小平と同じトータル6アンダーに8人。決勝ラウンドでの小平の活躍に注目だ。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ