マスターズ

米国男子

松山英樹、小平智ともに21位Tで最終日へ!キャリアグランドスラムを狙うマキロイは2位

松山英樹の3日目は「72」のラウンドでスコアを伸ばせず マスターズ(2018)(3日目) 写真・Getty Images
松山英樹の3日目は「72」のラウンドでスコアを伸ばせず マスターズ(2018)(3日目) 写真・Getty Images
<マスターズ 3日目◇8日◇オーガスタ・ナショナルGC(7,435ヤード・パー72)>

海外メジャー初戦の「マスターズ」3日目。今大会には松山英樹、宮里優作、池田勇太、小平智の4名が出場し、松山と小平の2名が決勝ラウンドに進出。トータルイーブンパー・18位タイからスタートした松山は3バーディ・3ボギー「72」、トータル1オーバーからスタートした小平は5バーディ・4ボギー「71」でのラウンドとなり、ともにトータルイーブンパー・21位タイで最終日を迎えることとなった。

1バーディ・1ボギーで前半9ホールを終えた松山は、10番パー4で6mのパーパットを沈められず、オーバーパーとするも、15番パー5では2打目でグリーンを捉え、約5mのイーグルチャンスを創出。このチャンスはわずかに切れるも、きっちりバーディを奪い、トータルイーブンパーに戻す。続く16番パー3は、ピンそば約1.5mに寄せて、連続バーディを奪取。声援に右手をあげてこたえ、最終18番ホールを迎える。

465ヤード・パー4の最終18番。ティショットは残り166ヤード地点につけ、2打目でグリーンを捉えたいところだったが、まさかのミスショットでグリーン手前残り約50ヤードのアプローチを残す。3打目は約1mに寄せ、さすかのアプローチを見せるも、パーパットはわずかにカップ左に切れて、ボギー。2日目同様に上がりのホールでスコアを落としてしまった。

小平智は、スタートホールの1番でボギーとするも、2番からの連続バーディで序盤に1つスコアを伸ばす。だが8番で1つ落とすと、10番、11番の連続ボギーでトータル3オーバーと転落してしまう。12番からの3ホールをパーで終えると、終盤に意地を見せる。15番パー5で1つ取り返すと、16番パー3ではあわやホールインワンのスーパーショットを放ち、連続バーディ。そして17番も獲って、トータルイーブンパーでフィニッシュ。起死回生の3連続バーディでスコアを伸ばした。

3日目を終えて首位につけたのは、2イーグルでパトロンを沸かせ、トータル14アンダーとしたパトリック・リード(米国)。キャリアグランドスラム達成を目指すローリー・マキロイ(北アイルランド)は3打差の2位につけている。

トータル9アンダー・3位にはリッキー・ファウラー(米国)、トータル8アンダー・4位にはジョン・ラーム(スペイン)。またタイガー・ウッズ(米国)は「72」のラウンドでスコアを伸ばせず40位タイとなっている。

日本勢2名のコメントは以下に掲載。

松山英樹「(我慢する1日?)そうですね。パッティングはいいところに打てていますが、ラインが読めていない。(でも)ミスパットというミスパットは18番だけ。それほどマイナスには考えてない。(最終日は?)ずっと停滞しているので、バーディをたくさん獲れるように頑張りたい」

小平智「10番、11番と取りこぼして、取り戻そうと思ったのが良かったですね。12番も耐えられた。後半から攻めきれたので良かったと思います」

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・小平智はスコア伸ばして夢膨らむ、6人目の日本人トップテンに照準
・悩み深きタイガー・ウッズ「隣のホールでもフェアウェイキープだろ?」
・悪夢から7年 生涯グランド・スラムがかかるローリー・マキロイ「この日を待っていた」
・敵はマキロイにあらず!?メジャー初優勝目指すパトリック・リードは偉業達成なるか?
・惜敗続きのリッキー・ファウラー「マスターズは明日のバックナインから始まる」

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ