アーノルド・パーマー招待

米国男子

R・マキロイがツアー14勝目! T・ウッズは5位タイ、松山英樹は49位タイ

R・マキロイがツアー14勝目! アーノルド・パーマー招待(2018)(最終日) 写真・Getty Images
R・マキロイがツアー14勝目! アーノルド・パーマー招待(2018)(最終日) 写真・Getty Images
<アーノルド・パーマー招待 最終日◇18日◇ベイヒルC&ロッジ(7,419ヤード・パー72)>

米国男子ツアー「アーノルド・パーマー招待」の最終日。全選手が競技を終え、首位と2打差の単独3位から出たロリー・マキロイ(北アイルランド)が、トータル18アンダーで逆転優勝、ツアー14勝目を挙げた。

3打差2位にはブライソン・デシャンボー(米国)、首位と4打差3位には、世界ランク5位のジャスティン・ローズ(イングランド)が入った。

大海通算8勝を挙げているタイガー・ウッズ(米国)は6バーディ・3ボギーの「69」で最終日をラウンドし、トータル10アンダー・5位タイで同大会を終えた。

そのほかでは、昨年覇者のマーク・レイシュマン(オーストラリア)はトータル8アンダー・7位タイ、リッキー・ファウラー(米国)はトータル6アンダー・14位タイとなった。

「ウェイスト・マネジメント・フェニックス・オープン」を左手親指痛のため棄権して以来、約1か月半ぶりのツアー復帰となった松山英樹は、トータル1アンダー・49位タイで4日間を終えた。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・「オーガスタは非常に楽しみ」T・ウッズが完全復活に向け確かな手ごたえ

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ