WGC-メキシコ選手権

米国男子

「全部苦しんだ」宮里優作はイーグルスタートも波に乗れず

宮里優作の巻き返しに期待! WGC-メキシコ選手権(2018)(2日目) 写真・Getty Images
宮里優作の巻き返しに期待! WGC-メキシコ選手権(2018)(2日目) 写真・Getty Images
<WGC-メキシコ選手権 2日目◇2日◇クラブデゴルフ・チャペルテペック(7,330ヤード・パー71)>

国内キングがお手上げ状態だ。世界ゴルフ選手権の「WGC-メキシコ選手権」2日目。前日下位に沈んだ宮里優作だったが、この日も上昇しそうでしないもどかしいラウンド。1イーグル・3バーディ・4ボギー・1ダブルボギーの「72」でスコアを一つ落とし、トータル7オーバー・60位に低迷している。

出だしこそよかった。316ヤードの1番パー4で1オンに成功。イーグルパットを決めて波に乗るかと思われたが、「ラインも読めていないし、パッティングが…」と、その後はグリーン上で苦しんだ。「昨日よりフィーリングはいいのにスコアがよくない」。パッティングの不調はショットにも影響。「全部苦しんだ」と、肩を落とした。

「今日はせめてアンダーパーで終わりたかった。これでオーバーパーにしているようじゃ、ね」と、悔いの残るラウンドとなった日本の賞金王。残りの2日間は意地を見せて、大爆発といきたいところだが、さて週末の結果やいかに?

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・小平智は目標のアンダーパーならず「うまいことゴルフをさせてくれない」
・池田勇太はスコア伸ばせず「たいしたことないラウンド」

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ