ジェネシスオープン

米国男子

B・ワトソンが単独首位に浮上!タイガー・ウッズは予選落ち

復帰2戦目は予選落ち ジェネシスオープン(2018)(2日目) 写真・岩本芳弘
復帰2戦目は予選落ち ジェネシスオープン(2018)(2日目) 写真・岩本芳弘
<ジェネシスオープン 3日目◇17日◇リビエラCC(7,322ヤード・パー71)>

連日のサスペンデッドとなっていた米国男子ツアー「ジェネシスオープン」は第2ラウンドの残りと第3ラウンドが終了。トータル10アンダーまで伸ばしたバッバ・ワトソン(米国)が単独首位に浮上した。

1打差の2位にパトリック・カントレー(米国)、トータル8アンダー・2打差の3位タイにケビン・ナ、トニー・フィナウ(共にも米国)、キャメロン・スミス(オーストラリア)、グレアム・マクドウェル(イングランド)の4人がひしめく混戦模様となっている。

世界ランキング1位のダスティン・ジョンソン、ジャスティン・トーマス(共に米国)は4打差の8位タイ。今大会が復帰2戦目のタイガー・ウッズ(米国)はトータル6オーバーと精彩を欠きすでに厳しい順位にいたが、全選手が第2ラウンドを終えて予選落ちが確定した。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・変人と優等生の爆笑会見、明日最終組のワトソンとキャントレーは大丈夫?
・ベン・ホーガンにはじまりパーマーも愛した リビエラに共通する相性の良さ

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ