ヒーロー・ワールドチャレンジ

米国男子

松山英樹がパッティングの好調継続で5位浮上「良いストロークで打てている」

パッティング好調で5位浮上の松山 ヒーロー・ワールドチャレンジ(2018)(2日目) 写真・岩本芳弘
パッティング好調で5位浮上の松山 ヒーロー・ワールドチャレンジ(2018)(2日目) 写真・岩本芳弘
<ヒーロー・ワールドチャレンジ 2日目◇1日◇アルバニー(7,302ヤード・パー72)>

出場できるのはわずか18名の選手のみ。タイガー・ウッズ(米国)がホストを務めるPGAツアーの非公式競技「ヒーロー・ワールドチャレンジ」2日目。松山英樹が7バーディ・1ボギーの“66”とスコアを6つ伸ばし、トータル7アンダーの5位に浮上した。

松山は2番でバーディを先行させると前半だけで4バーディを奪取。さらに折り返しての13番からは3連続バーディで一気に上位へ。最終18番でこの日最初のボギーを叩いたが、首位のチャーリー・ホフマン(米国)に5打差にまで詰め寄った。

好スコアを生み出しているのはグリーン上。「昨日同様パッティングが良かったのでスコアを伸ばせることができました。良いストロークで打てている」。自己評価の厳しい松山がここまで話すということはかなり状態は良さそうだ。

一方で“通常通り?”厳しい評価を下したのはそれ以外の部分。「ショット、ショートゲームは最後のボギーを象徴するようにもったいないところもある。納得のいくショットが少ない。もう少し良くならないとしんどいですね。そこは練習しないと」と課題に挙げた。

「優勝争いするにはもっと伸ばさないといけない。また、明日からスコアを崩したくない、という中での戦いになると思う。その中でどれだけ良いストロークのパッティングができるか。あとはショットを練習して、その辺りをしっかりできれば面白い位置で回れるんじゃないかと思っています」。首位とは5打差。連覇に向けてムービングデーで一気に追いつきたい。

【2日目の順位】
1位:チャーリー・ホフマン(-12)
2位T:トミー・フリートウッド(-9)
2位T:ジョーダン・スピース(-9)
4位:ジャスティン・ローズ(-8)
5位T:松山英樹(-7)
5位T:タイガー・ウッズ(-7)
5位T:リッキー・ファウラー(-7)他

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ