ザ・CJカップ・アット・ナインブリッジズ

米国男子

昨季MVPのJ・トーマスが初代覇者に!M・レイシュマンをプレーオフで撃破

プレーオフを勝ち抜き、初代覇者となったジャスティン・トーマス ザ・CJカップ・アット・ナインブリッジズ(2018)(最終日) 写真・Getty Images
プレーオフを勝ち抜き、初代覇者となったジャスティン・トーマス ザ・CJカップ・アット・ナインブリッジズ(2018)(最終日) 写真・Getty Images
<ザ・CJカップ・アット・ナインブリッジズ 最終日◇22日◇ナイン・ブリッジス(7,196ヤード・パー72)>

韓国で初めて開催された米国男子ツアーの新規トーナメント「ザ・CJカップ・アット・ナインブリッジズ」の最終日。昨季のプレーヤー・オブ・ザ・イヤー、ジャスティン・トーマス(米国)とマーク・レイシュマン(オーストラリア)がトータル9アンダーで首位に並びホールアウト。勝負はプレーオフにもつれ込み、2ホール目でバーディを奪ったトーマスが初代覇者の栄誉に輝いた。

1打差の3位にはオーストリアの新鋭、キャメロン・スミス。3打差4位にキム・ミンフィ(韓国)が入った。

前週Vのパット・ペレス(米国)はトータル5アンダー5位タイ。2015年の日本ツアー賞金王、金庚泰(韓国)はトータル2オーバー28位タイだった。

【最終結果】
優勝:ジャスティン・トーマス(-9)※プレーオフ
2位:マーク・レイシュマン(-9)
3位:キャメロン・スミス(-8)
4位:キム・ミンフィ(-6)
5位T:パット・ペレス(-5)
5位T:ルーク・リスト(-5)
5位T:ジェイミー・ラブマーク(-5)
5位T:アニルバン・ラヒリ(-5)他

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ