ツアー選手権

米国男子

ジャスティン・トーマスが年間王者へ前進 松山英樹は26位で大会を折り返す

トーマス、年間王者へ大きく前進した ツアー選手権(2017)(2日目) 写真・Getty Images
トーマス、年間王者へ大きく前進した ツアー選手権(2017)(2日目) 写真・Getty Images
<ツアー選手権 2日◇22日◇イースト・レイクGC(7,385ヤード・パー70)>

プレーオフシリーズ最終戦「ツアー選手権」の2日目。6位タイから出たジャスティン・トーマス(米国)が1イーグル・3バーディ・1ボギーの“66”をマーク。スコアを4つ伸ばしトータル7アンダーで、ポール・ケイシー(イングランド)、ウェブ・シンプソン(米国)と並び首位タイに浮上した。

トーマスはポイントランク2位につけており、優勝すれば他の選手の順位に関係なく年間王者となる。ランキング1位につけるジョーダン・スピース(米国)はトータル3アンダー15位タイ。ジュニア時代から親友で、競いあってきたトーマスとスピースはこの日同組でラウンド。トーマスがスピースの眼前で王者へ大きく前進した。

1打差の4位タイにはジャスティン・ローズ(イングランド)、ジョン・ラーム(スペイン)、パトリック・リード(米国)、ゲーリー・ウッドランド(米国)がつけた。

29位から出た松山英樹はこの日“68”でラウンド。スコアを2つ伸ばしトータル3オーバー26位で大会を折り返した。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ