ザ・ノーザントラスト

米国男子

松山英樹は102位と出遅れ、DJが1打差2位と好発進

松山英樹、初日は出遅れてしまった ザ・ノーザン・トラスト(2017)(1日目) 写真・GettyImages
松山英樹、初日は出遅れてしまった ザ・ノーザン・トラスト(2017)(1日目) 写真・GettyImages
<ザ・ノーザン・トラスト 初日◇24日◇グレンオークスC (7,346ヤード・パー70)>

プレーオフシリーズの初戦「ザ・ノーザン・トラスト」がニューヨーク州のグレンオークスCを舞台に開幕。レギュラーシーズンをポイントランク首位で終えた松山英樹はこの初日、ノーバーディ・4ボギーの“74”でラウンド。4オーバー102位タイと大きく出遅れてしまった。

首位に立ったのは6アンダーをマークした、ラッセル・ヘンリー(米国)。5アンダー1打差の単独2位には世界ランク首位のダスティン・ジョンソン(米国)がつけた。2打差の3位タイグループにはスコット・ブラウン(米国)、カミロ・ビジェガス(コロンビア)、パトリック・カントレー(米国)がつけた。

松山と同組で回ったジョーダン・スピース(米国)は1アンダー20位タイ、ジャスティン・トーマス(米国)は2アンダーでリッキー・ファウラー(米国)らと並び12位タイとまずまずのスタートを切った。

前週の「ウィンダム選手権」を制したヘンリク・ステンソン(スウェーデン)も1アンダー20位タイ。昨年の年間王者、ロリー・マキロイ(北アイルランド)は3オーバー96位タイと出遅れた。

記事提供・ALBA.Net(GGMグループ)

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ