全英オープン

米国男子

松山英樹は7打差5位タイで最終日へ、スピースが3つ目のメジャータイトルに王手

松山英樹 全英オープン(2017)(3日目) 写真・岩本芳弘
松山英樹 全英オープン(2017)(3日目) 写真・岩本芳弘

リーダーズボード

<全英オープン 3日目◇22日◇ロイヤルバークデール(7,156ヤード・パー70)>

今季のメジャー第3戦「全英オープン」は3日目の競技が終了。日本勢で唯一予選を突破した松山英樹は6打差の10位タイからスタート。ムービングデーのこの日は5バーディ・1ボギーの“66”をマーク。スコアを4つ伸ばしトータル4アンダー5位タイに浮上した。

初日から首位を走るジョーダン・スピース(米国)はこの日も磐石なプレーで5つスコアを伸ばしトータル11アンダーでフィニッシュ。3つ目のメジャータイトル獲得へ、最高の位置で最終日を迎える。

3打差の2位にはマット・クーチャー(米国)、6打差の5位タイにはブルックス・ケプカ(米国)とカナダの新鋭オースティン・コネリーがつけた。この日メジャー記録の“62”をマークしたブレンダン・グレース(南アフリカ)が松山と並び7打差の5位タイに浮上した。

【3日目の順位】
1位:ジョーダン・スピース(-11)
2位:マット・クーチャー(-8)
3位T:オースティン・コネリー(-5)
3位T:ブルックス・ケプカ(-5)
5位T:ブレンダン・グレース(-4)
5位T:松山英樹(-4)
7位T:ダスティン・ジョンソン(-3)
7位T:ヘンリック・ステンソン(-3)
7位T:チャン・キム(-3)他
11位T:ローリー・マキロイ(-2)他

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・メジャー最少記録“62”誕生!“アメージング”グレースが金字塔
・教訓はオーガスタの記憶 スピース、3打差V王手も緩みなし
・メジャー記録“62”だけじゃない 更新されたもう一つの記録
・“62”男と回る松山英樹、全英オープン最終日7打差逆転例は?

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ