全米オープン

米国男子

リッキーが7アンダー首位発進!谷原、宮里、池田が45位 松山は82位タイ

7アンダーで首位スタートを決めたリッキー・ファウラー 全米オープン(2017)(1日目) 写真・岩本芳弘
7アンダーで首位スタートを決めたリッキー・ファウラー 全米オープン(2017)(1日目) 写真・岩本芳弘

リーダーズボード

<全米オープン 初日◇15日◇エリンヒルズ(7,741ヤード・パー72)>

海外男子メジャー第2戦「全米オープン」が米国ウィスコンシン州にあるエリンヒルズで開幕し、7バーディ・ノーボギーの“65”をマークしたリッキー・ファウラー(米国)が初のメジャー制覇へ7アンダーで単独首位スタートを決めた。1打差の6アンダー2位タイにポール・ケイシー(イングランド)、ザンダー・ショーフェル(米国)が続く展開となっている。

快晴微風の穏やかなコンディションにも後押しされ、過酷なコースセッティングで知られる全米オープンらしからぬ好スコアが続出した。初日にアンダーパーを記録した選手は44人を数え、90年のメダイナCC大会の39人を上回り初日は歴代最多となった。5アンダー4位タイにはブルックス・ケプカ(米国)、ブライアン・ハーマン(米国)、トミー・フリートウッド(イングランド)の3選手。4アンダー7位タイグループにはパトリック・リード(米国)、ケビン・ナ(米国)、マーク・リーシュマン(オーストラリア)、アダム・ハドウィン(カナダ)がつけた。

一方で世界ランクトップ3はダスティン・ジョンソン(米国)が102位タイ、ロリー・マキロイ(北アイルランド)が143位タイ、ジェイソン・デイ(オーストラリア)が151位タイと出遅れている。

6名が出場する日本勢は谷原秀人、宮里優作、池田勇太がいずれも“72”でイーブンパー45位タイ発進。小平智が1オーバーの61位タイ。初のメジャー制覇を狙う松山英樹は15番パー4で約104ヤードを直接放り込むイーグルを見せるなどしたが、2オーバーで82位タイと出遅れた。日本勢最年少の今平周吾は4オーバーの114位タイとなっている。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・最後の望みにかけたが…ミケルソンは娘の卒業式で全米OP欠場を正式発表
・松山英樹は出遅れ2オーバーに「最悪ですよ」 スーパーイーグルも空砲
・日本勢が初日終了 谷原、宮里、池田がイーブン 松山英樹は2オーバーやや出遅れ
・5オーバーから…圧巻ハーフ31でカムバック!池田勇太「後半は兄貴が出てきた」
・谷原秀人、ショット修正完了?「明日になってみないと分からない!by松山英樹(笑)」
・小平智、サマーヘイズ“先生”に感謝!?最後は明日につながるバーディ締め

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ