フェデックスセントジュードクラシック

米国男子

久々米ツアー参戦の岩田寛は大きく出遅れ…シンクらが首位タイスタート

7オーバーと大きく出遅れた岩田寛 フェデックス・セントジュードクラシック(2017)(初日) 写真:GettyImages
7オーバーと大きく出遅れた岩田寛 フェデックス・セントジュードクラシック(2017)(初日) 写真:GettyImages

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1T マット・エブリー -6 -6
1T スコット・ブラウン -6 -6
1T スチュワート・シンク -6 -6
1T Sebastian Munoz -6 -6
5T シャール・シュワルツェル -5 -5
5T マット・ジョーンズ -5 -5
7T レティーフ・グーセン -4 -4
7T チェズ・リアビ -4 -4
9T ピーター・マルナティ -3 -3
9T Grayson Murray -3 -3
<フェデックス・セントジュードクラシック 初日◇8日◇TPCサウスウインド(7,244ヤード・パー70)>

米国男子ツアー「フェデックス・セントジュードクラシック」は第1ラウンドを行い、6アンダーとしたマット・エブリー、スコット・ブラウン、スチュワート・シンク(いずれも米国)、セバスチャン・ムノス(コロンビア)が首位タイスタートを決めた。1打差の5アンダー5位タイにチャール・シュワーツェル(南ア)、マット・ジョーンズ(オーストラリア)が続いている。

4アンダーの7位タイにはレティーフ・グーセン(南ア)、チェズ・リアビ(米国)。日本勢で唯一出場の岩田寛は1バーディ・4ボギー・2ダブルボギーの“77”を叩いて7オーバー149位タイと出遅れた。

娘の卒業式のため「全米オープン」欠場を発表している(※現時点で全米OPペアリングリストに名前はある)フィル・ミケルソン(米国)は1アンダーの29位タイで初日を終えている。

【初日の順位】
1位T:マット・エブリー(-6)
1位T:スコット・ブラウン(-6)
1位T:スチュワート・シンク(-6)
1位T:セバスチャン・ムノス(-6)
5位T:チャール・シュワーツェル(-5)
5位T:マット・ジョーンズ(-5)
7位T:レティーフ・グーセン(-4)
7位T:チェズ・リアビ(-4)

149位T:岩田寛(+7)他

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ