ザ・メモリアルトーナメント

米国男子

松山英樹は65位タイで最終日へ サマーヘイズが首位浮上

松山英樹は乱調で65位に後退(写真は2日目) ザ・メモリアルトーナメント(2017)(3日目) 写真・Getty Images
松山英樹は乱調で65位に後退(写真は2日目) ザ・メモリアルトーナメント(2017)(3日目) 写真・Getty Images
<ザ・メモリアルトーナメント 3日目◇3日◇ミュアフィールド・ビレッジGC(7,392ヤード・パー72)>

米国男子ツアー「ザ・メモリアルトーナメント」は第3ラウンドを行い、トータル13アンダーとしたダニエル・サマーヘイズ(米国)が単独首位に浮上した。3打差の2位にマット・クーチャー、トータル9アンダーの3位タイにはバッバ・ワトソン、ジャスティン・トーマス、ジェイソン・ダフナー(いずれも米国)が続いている。

40位タイからスタートした松山英樹は2バーディ・1ボギー・1ダブルボギー・1トリプルボギーの“76”でスコアを4つ落としトータル4オーバー65位タイに後退。ツアー初優勝を飾った思い出の一戦で苦しんでいる。

その他、トータル8アンダーの6位タイにリッキー・ファウラー(米国)、トータル7アンダー8位タイにはジョーダン・スピース(米国)と上位に若手実力者がそろっている。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ