ザ・メモリアルトーナメント

米国男子

松山英樹は初優勝大会で13位発進 石川遼は48位、池田勇太は109位と出遅れ

13位タイ発進を見せた松山英樹 ザ・メモリアル・トーナメント(2017)(初日) 写真・Getty Images
13位タイ発進を見せた松山英樹 ザ・メモリアル・トーナメント(2017)(初日) 写真・Getty Images
<ザ・メモリアル・トーナメント 初日◇1日◇ミュアフィールド・ビレッジGC(7,392ヤード・パー72)>

オハイオ州のミュアフィールド・ビレッジGCで米国男子ツアー「ザ・メモリアル・トーナメント」が開幕。その初日、2014年の覇者・松山英樹は5バーディ・1ボギー・1ダブルボギーと2アンダー・13位につけた。

松山は前半6番で池ポチャのダブルボギーを叩くなどスコアを2つ落として折り返したがバックナインで躍動。11番でバーディを奪うと、14番から圧巻の3連続バーディ。首位と5打差で初日を終えた。

その他の日本勢石川遼は2バーディ・3ボギーで1オーバー48位タイ、午後組の最終組でINからスタートした池田勇太はオーバー109位タイと出遅れた。

トップは7アンダーのジェイソン・ダフナー(米国)とデビッド・リングマース(スウェーデン)の2人。6アンダーの3位タイにジョーダン・スピース(米国)とダニエル・サマーヘイズ(米国)がつけている。

また、世界ランク1位のダスティン・ジョンソン(米国)は6オーバー109位タイと大きく出遅れている。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・石川遼は初日48位、修正点はアイアンの距離感
・池田勇太は出遅れ109位「もう最高にうまく行かない日」

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ