シェルヒューストンオープン

米国男子

最終日に“65”ラッセル・ヘンリーが逆転優勝!マスターズ出場権獲得!

逆転優勝を果たしたラッセル・ヘンリー シェル・ヒューストン・オープン(2017)(最終日)写真・GettyImages
逆転優勝を果たしたラッセル・ヘンリー シェル・ヒューストン・オープン(2017)(最終日)写真・GettyImages

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 ラッセル・ヘンリー -7 -20
2 康 晟訓 E -17
3T ルーク・リスト -4 -16
3T リッキー・ファウラー -2 -16
5 ダニエル・バーガー -5 -13
6 ハドソン・スワッフォード -5 -12
7 Rafael Campos -3 -11
8T Zac Blair -5 -10
8T カイル・スタンリー -2 -10
10T ジョン・ラーム -5 -9
<シェル・ヒューストン・オープン 最終日◇2日◇ゴルフクラブ・オブ・ヒューストン(7,457ヤード・パー72)>

米国男子ツアー「シェル・ヒューストン・オープン」は最終ラウンドを行い、首位と4打差の3位からスタートしたラッセル・ヘンリー(米国)が“65”を叩きだしてトータル20アンダーで逆転優勝を果たした。この勝利によりヘンリーは「マスターズ」出場権を手にした。

単独首位スタートのカン・スン(韓国)は2バーディ・2ボギーの“72”でスコアを伸ばせずトータル17アンダーで2位フィニッシュ。リッキー・ファウラー(米国)はトータル16アンダーでルーク・リスト(米国)と並んで3位タイで終えている。

トータル13アンダーの単独5位にダニエル・バーガー(米国)。トータル12アンダー6位はハドソン・スワフォード(米国)、プエルトリコのラファエル・カンポスがトータル11アンダーで7位に入った。なお、日本勢で唯一出場した石川遼は予選ラウンドで姿を消している。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ