WGC-デル・テクノロジーズ・マッチプレー選手権

米国男子

グループステージの勝者が決定!日本勢では谷原秀人が唯一決勝へ

日本勢で唯一決勝ラウンド行きを決めた谷原 WGC-デル・テクノロジーズ・マッチプレー選手権(2017)(3日目) 写真・岩本芳弘
日本勢で唯一決勝ラウンド行きを決めた谷原 WGC-デル・テクノロジーズ・マッチプレー選手権(2017)(3日目) 写真・岩本芳弘
<WGC-デル・マッチプレー 3日目◇24日◇オースティンCC(7,108ヤード・パー71)>

「WGC-デル・マッチプレー」の3日目。4名づつ、16個のグループに別れ総当たり戦で勝者1人を決めるグループステージが終了。16名の決勝進出者が決まった。

グループ1では3戦全勝の世界ランクNO.1、ダスティン・ジョンソン(米国)が勝ち抜け。松山英樹のグループ4ではロス・フィッシャー(イングランド)がルイ・ウェストヘーゼン(南アフリカ)をサドンデスマッチで破り、決勝へ。松山はこの日も敗れ2敗1分けで、このグループの最下位に終ってしまった。

グループ5では谷原秀人がこの日、池田勇太との日本人対決に勝利。谷原は初日に優勝候補のジョーダン・スピース(米国)を撃破、2勝1分けで同グループの首位に立ち、決勝進出を決めた。

日本人選手の結果は以下の通り。
松山英樹 4&6 ルイ・ウェストヘーゼン(南アフリカ)
谷原秀人 3&1 池田勇太

各グループの勝者は以下の通り。

【グループ1】
ダスティン・ジョンソン

【グループ2】
ソレン・ケルドセン

【グループ3】
マーク・レイシュマン

【グループ4】
ロス・フィッシャー

【グループ5】
谷原秀人

【グループ6】
ケビン・ナ

【グループ7】
ジョン・ラーム

【グループ8】
アレックス・ノレン

【グループ9】
ブルックス・ケプカ

【グループ10】
チャールズ・ハウエルIII

【グループ11】
ビル・ハース

【グループ12】
ポール・ケーシー

【グループ13】
バッバ・ワトソン

【グループ14】
フィル・ミケルソン

【グループ15】
ウィリアム・マガート

【グループ16】
ザック・ジョンソン

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・【マッチプレー動画】谷原秀人が日本勢唯一の予選通過!DJ、ミケルソンらも決勝へ

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング