WGC−メキシコ選手権

米国男子

ダスティン・ジョンソンが逆転V!松山英樹は25位タイ

3日目以外はショートゲームが良くなかったという松山英樹 WGC−メキシコ選手権(2017)(4日目) 写真・岩本芳弘
3日目以外はショートゲームが良くなかったという松山英樹 WGC−メキシコ選手権(2017)(4日目) 写真・岩本芳弘
<WGC-メキシコ選手権 最終日◇5日◇クラブ・デ・ゴルフ・チャペルテペック(7,330ヤード・パー71)>

世界ゴルフ選手権「WGC-メキシコ選手権」の最終日。首位と1打差の2位から出た世界ランクNo.1のダスティン・ジョンソン(米国)が5バーディ・2ボギーの“68”をマーク。3つ伸ばしトータル14アンダーで逆転優勝、今季2勝目を挙げた。

1打差の2位にトミー・フーリトウッド(イングランド)、2打差の3位タイにはジョン・ラーム(スペイン)とロス・フィッシャー(イングランド)が入った。首位から出たジャスティン・トーマス(米国)はスコアを1つ落とし5位タイ、フィル・ミケルソン(米国)とローリー・マキロイ(北アイルランド)はスコアを伸ばせずトータル10アンダー7位タイに終った。

松山英樹もこの日はスコアを伸ばせず“71”でラウンド。トータル3アンダーで25位タイで競技を終えた。谷原秀人は3つ落しトータル1アンダー32位タイ。池田勇太は2つ伸ばしトータル6オーバー61位タイでフィニッシュした。

【最終結果】
優勝:ダスティン・ジョンソン(-14)
2位:トミー・フリートウッド(-13)
3位T:ロス・フィッシャー(-12)
3位T:ジョン・ラーム(-12)
5位T:トーマス・ピータース(-11)
5位:ジャスティン・トーマス(-11)
7位T:ブラント・スネデカー(-10)
7位T:ローリー・マキロイ(-10)
7位T:フィル・ミケルソン(-10)
10位:ティレル・ハットン(-9)

25位T:松山英樹(-3)他
32位T:谷原秀人(-1)他
61位T:池田勇太(+6)他

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・松山英樹は25位Tフィニッシュ「何か変えないと良くならない」
・谷原秀人、“おはようイーグル”も失速…32位タイで終戦
・世界ランク1位初戦でVのD・ジョンソン、警戒する選手に松山英樹をピックアップ

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ