WGC−メキシコ選手権

米国男子

松山英樹、25位に浮上!「フツーにやっと伸ばせました」左ヒザの状態は?

松山、安定したプレーでこの日は5つスコアを伸ばした WGC−メキシコ選手権(2017)(3日目) 写真・岩本芳弘
松山、安定したプレーでこの日は5つスコアを伸ばした WGC−メキシコ選手権(2017)(3日目) 写真・岩本芳弘
<WGC-メキシコ選手権 3日目◇4日◇クラブ・デ・ゴルフ・チャペルテペック(7,330ヤード・パー71)>

連日“72”とスコアを伸ばせず、46位タイから出た松山英樹。この日はこれまでの鬱憤を晴らすかのようにバーディを量産。5つスコアを伸ばし、トータル3アンダーで25位に浮上した。

「フツーにやっと伸ばせましたね」とこの日を振り返った松山。この日はティショットが安定、「後から考えればフェアウェイからしか打っていなかったので、びっくりしましたね」と楽にプレーすることができた。昨日まではグリーン上で苦しみ、この日も決して良くなったわけではないそうだが、「悪いストロークでも何か所か入ってくれたので、こういうスコアにつながった」という。

この日は朝の練習場で左ヒザを気にする様子を見せていたが、「ラウンド中は気にならないし、問題はないと思う。大丈夫だと思います」と話していた。

満足度は「昨日までと変わらない」とスコアは良くても、内容に満足がいかない様子だった松山。明日はいよいよ最終日、パッティングの感触を良くし、満足のいく内容で試合を締めることができるか。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・谷原秀人は連日の“67”で18位に「淡々とトップテン狙います」
・池田勇太は変わらず68位「アンラッキーが多かった」

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ