全英オープン

米国男子

池田勇太パットに苦しむ、市原弘大は2ホールで大崩れ

池田勇太 全英オープン(2016)(3日目) 写真・村上航
池田勇太 全英オープン(2016)(3日目) 写真・村上航

リーダーズボード

全英オープン(7月14~17日、英国・ロイヤルトゥルーンGC、7190ヤード、パー71)

 海外メジャー第3戦、全英オープン。強い風が吹き、気温が下がった第3ラウンドは、予選を突破した池田勇太と市原弘大は苦戦をしいられた。

 27位タイから出た池田は、1バーディ、4ボギー、2ダブルボギーの7オーバー、78とスコアを崩して通算7オーバーで65位タイに後退した。5番(パー3)でダブルボギー、6番(パー5)でボギーと短いパットが決められずに早々に3つ落とす。名物ホールの8番(パー3)では4メートルを沈めてバーディを奪ったが、続く9番(パー4)は1・5メートルのパーパットを外してボギーでいい流れを作れない。11番(パー4)でティショットを右のOBに打ち込むなどダブルボギー。15番(パー4)では1メートル、16番(パー5)では2メートルとパーパットが決められずに連続ボギー。18番は4メートルのパーパットを沈めたが、グリーン上で悩まされる1日だった。

「今日はパットだけでした。ラインが間違っているところもありましたし、自分で打てていなくて入らないところもあった。パットが入っていれば波に乗れますが、外し続けているので波がなかったですね。ショットは11番のティショット以外はそれなりに打てた。スコアをここまで崩したので、明日は何も考えることなくやるだけ。一つでも返したい」

 強い風にも対応出来ていたが短いパットを外して波に乗れない1日だった。ホールアウト後は2メートルの距離を入念にチェックして明日に備えた。

市原弘大 全英オープン(2016)(3日目) 写真・村上航
市原弘大 全英オープン(2016)(3日目) 写真・村上航 【拡大】
 67位タイから出た市原は、3バーディを奪ったが11番で8をたたくなど、7オーバー、78。通算11オーバーで80位と順位を下げた。

 前半6番までにスコアを1つ伸ばしていたが、7番、8番で連続ボギーとして1オーバーで前半を折り返す。後半に入って悔やまれる2ホールが続いた。10番(パー4)はフェアウエーからの2打目をグリーン右奥まで打ってしまい、アプローチを乗せられずにダブるボギー。続く11番は、ティショットを右の深いラフに打ち込んでアンプレヤブル。ツマ先下がりの3打目は、「左に振り抜けなかった」と傾斜なりにスライスが出てしまい、OBゾーンの右の線路に打ち込んだ。結局このホールは8。わずか2ホールで6オーバーをたたいてしまった。

「7番(パー4)でティショットがフェアウエーにいったけど、そこからボギーにして流れが悪くなってしまった。そして10番、11番と厳しいのが続いた。それ以外は、昨日より風に慣れた感じでプレーできました」

 この日もリンクス特有の風が吹き荒れたが、12番以降は「目線の高さで打つイメージの低いボール」を打つことで風に対応できるショットが打てるようになった。

「予選のときのような緊張感はなかったですが、この中でできるのが幸せなこと、それをかみしめながらプレーできました」

 初の決勝ラウンドの雰囲気を感じてプレーできた。風の対処法も見つかり、最終日は決勝ラウンドでも粘りを見せる。

文・小高拓

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ