ザ・RSMクラシック

米国男子

岩田寛が3打差の5位タイに浮上! 首位はK・チャペルの11アンダー

首位に3打差の5位タイに浮上した岩田寛 ザ・RSMクラシック(2016)(2日目) 写真・Getty Images
首位に3打差の5位タイに浮上した岩田寛 ザ・RSMクラシック(2016)(2日目) 写真・Getty Images

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 ケビン・チャペル -5 -11
2T フレディ・ヤコブセン -5 -10
2T ケビン・キスナー -3 -10
4 カイル・スタンリー -3 -9
5T ジェイソン・ゴア -3 -8
5T アレックス・チェイカ -5 -8
5T 岩田 寛 -3 -8
5T マイケル・キム -5 -8
9T グレアム・マクドウェル -4 -7
9T Trey Mullinax -2 -7
ザ・RSMクラシック(11月19日~22日、米国ジョージア州・シーアイランドリゾート・シーサイドC、7005ヤード、パー70ほか)

 現地時間20日。風速7メートルを超える強風の中で行われた大会2日目。10位タイの岩田寛が67で回り、通算8アンダーの5位タイに浮上した。この日65をマークしたケビン・チャペルが通算11アンダーの単独首位に立った。

 10位タイの岩田寛、この日はシーサイドコース(7005ヤード、パー70)をプレー。インスタートの10番パー4で第2打をピン1メートルにつけてバーディ発進。12番では10メートルをねじ込み、14番をボギーとしたものの、続く15番パー5では8メートルに2オン成功。2パットのバーディで取り戻し、17番で8メートルを沈めて前半3つスコアを伸ばすと、後半はすべてパーセーブ。4バーディ、1ボギーの67で回り、通算8アンダーの5位タイに浮上した。

 2位タイスタートのケビン・チャペルが、シーサイドコースで1イーグル、4バーディ、1ボギーの65をマーク。通算11アンダーの単独首位に浮上、ツアー初優勝を目指して決勝ラウンドへ進んだ。

 首位タイから出たケビン・キスナーはシーサイドコースを4バーディ、1ボギーの67で回り、3つスコアを伸ばしたものの、通算10アンダーで2位タイに後退した。プランテンションコース(7058ヤード、パー72)を回ったフレディ・ヤコブセン(スウェーデン)が、6バーディ、1ボギーの67をマーク、同じく通算10アンダーの2位タイ。

 通算9アンダーの4位にはカイル・スタンリー。岩田と並ぶ通算8アンダーの5位タイにジェイソン・ゴア、ツアールーキーのマイケル・キム、アレックス・チェイカ(ドイツ)の3人。

 初日63位タイと出遅れたディフェンディングチャンピオンのロバート・ストレブは、シーサイドコースで4バーディ、ノーボギーの66をマーク。通算6アンダーの13位タイに浮上した。

 ホストプロのデービス・ラブIIIは、通算2アンダーの68位タイで予選を通過。同じ組で回る息子でアマチュアのドルー・ラブは、通算4オーバーで予選落ちとなった。

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ