ザ・RSMクラシック

米国男子

岩田寛は5アンダーの10位タイ発進! 首位はK・キスナーの7アンダー

首位に2打差の10位タイと好スタートを切った岩田寛 ザ・RSMクラシック(2016)(1日目) 写真・Getty Images
首位に2打差の10位タイと好スタートを切った岩田寛 ザ・RSMクラシック(2016)(1日目) 写真・Getty Images
ザ・RSMクラシック(11月19日~22日、米国ジョージア州・シーアイランドリゾート・シーサイドC、7005ヤード、パー70ほか)

 現地時間19日。米男子ツアー年内最後の試合、ザ・RSMクラシックが開幕。日本選手唯一参戦の岩田寛は5アンダーの10位タイと好スタートを切った。単独首位は初優勝を目指すケビン・キスナーの7アンダー。

 今大会は2コースを使う変則的な試合形式となり、予選ラウンドでシーサイドコース(7005ヤード、パー70)とプランテンションコース(7058ヤード、パー72)を交互に回り、決勝ラウンドはシーサイドCで行われる。

 岩田寛は初日をプランテンションCでプレー。1番でバーディが先行し、3バーディ、1ボギーと2アンダーで前半を折り返すと後半は14番バーディ、16番でイーグルを奪って、1イーグル、4バーディ、1ボギーの67をマーク。フェアウエーキープ率85.71パーセント、パーオン率77.78パーセントと好調なショットでチャンスをつくり、首位に2打差の5アンダーで10位タイの好スタートを切った。

 WGC-HSBCチャンピオンズで惜しくも2位に終わり、プロ10年目で念願の初優勝を逃したケビン・キスナーが好発進を決めた。この日プランテンションCを回ったキスナーは、インスタートの前半3バーディで終えると、後半は4番、6番とバーディを重ね、8番でイーグル奪取。1イーグル、5バーディの65をマークして単独首位に立った。

 6アンダーの2位タイには、ジェフ・オーバートン、ジム・ハーマン、トム・ホージュ、ケビン・チャペル、デビッド・ハーン(カナダ)にツアールーキーのキム シウ(韓国)と8人中6人がツアー未勝利となり、先週途切れたものの、開幕戦から4週続いた初優勝の流れはまだ続きそうだ。

 今大会注目の組、ホストプロのデービス・ラブIIIとその息子のドルー・ラブ。そしてドルーとアラバマ大で同窓のジャスティン・トーマスの3人が同組で回り、トーマスは3アンダーの42位タイ、デービスとドルーの親子はともにイーブンパーの111位タイと出遅れた。

 また、ディフェンディングチャンピオンのロバート・ストレブは、プランテンションCを5バーディ、1ボギー、1ダブルボギーの70で回り、2アンダーの63位タイで初日を終えた。

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ