OHLクラシック・アット・マヤコバ

米国男子

悪天候でサスペンデッド、大会は2週連続マンデーフィニッシュに

2週連続優勝のかかるラッセル・ノックスが暫定の首位タイに浮上 OHLクラシック・アット・マヤコバ(2016)(最終日) 写真・Getty Images
2週連続優勝のかかるラッセル・ノックスが暫定の首位タイに浮上 OHLクラシック・アット・マヤコバ(2016)(最終日) 写真・Getty Images
OHLクラシック・アット・マヤコバ(11月12日~15日、メキシコ・CC・オブ・ジャクソン、6987ヤード、パー71)

 現地時間15日。最終ラウンドは悪天候による中断を挟み、日没サスペンデッドとなった。2週連続優勝のかかるラッセル・ノックス(スコットランド)と2年ぶりのツアー3勝目を狙うグレアム・マクドウェル(北アイルランド)の二人が通算19アンダーの暫定首位に並んでいる。

 最終組が8番をプレー中に強風と豪雨のスコールとなり、競技は長い中断を挟んで再開されたが、31名がホールアウトできず日没サスペンデッドになった。最終ラウンドは明日8時から再開され、先週のサンダーソンファームズ選手権に続く2週連続のマンデーフィニッシュとなる。

 単独首位から出たデレック・ファザウアーは、1番でボギーが先行、9番のバーディでイーブンに戻したものの、10番でボギーをたたき。12番を終えて通算15アンダーの暫定4位タイに後退。

 先週のWGC-HSBCチャンピオンズで初優勝を挙げたラッセル・ノックスが、3番から4連続バーディを奪うなど、12番を終えて6バーディ、ノーボギーで通算19アンダーの暫定首位に浮上した。

 3位タイから出たグレアム・マクドウェルも5番からの3連続バーディを含む6バーディを奪い、13番を終えて通算19アンダーの暫定首位に並んだ。

 通算17アンダーの暫定3位には2位スタートからスコア二つ伸ばして12番を終えたジェイソン・ボーン。14番までプレーし、4バーディを奪ったスコット・ブラウンがファザウアーと並んで通算15アンダーの暫定4位タイにつけている。

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ