CIMBクラシック

米国男子

松山英樹は2打差の3位タイ! 石川遼は28位タイに後退

首位に2打差の3位タイで決勝ラウンドへ進んだ松山英樹 CIMBクラシック(2016)(2日目) 写真・Getty Images
首位に2打差の3位タイで決勝ラウンドへ進んだ松山英樹 CIMBクラシック(2016)(2日目) 写真・Getty Images
CIMBクラシック(10月29日~11月1日、マレーシア・クアラルンプールG&CC、6985ヤード、パー72)

 初日に続き好スコアが続出した大会2日目。16位タイのジャスティン・トーマスが61のビッグスコアを出して通算15アンダーの単独首位に浮上した。松山英樹は通算13アンダーで2打差の3位タイ。24位タイの石川遼は通算6アンダーの28位タイに後退した。

 初日に続き、湿度は80パーセントを超えて蒸し暑いものの、風はほとんどなく、11人が二桁アンダーをマークするなど好スコアが続出した2日目。単独2位でスタートした松山英樹もスコアを伸ばした。

 1番で2メートルを沈めてバーディ発進した松山は、3番、5番をバーディと序盤は順調にスコアを伸ばしたが、続く6番から14番までは、好調なショットでチャンスにつけるものの、惜しくもバーディパットが決まらず我慢のゴルフ。

 距離の短い14番パー4で2オン1パットのバーディを奪うと、続く15番ではグリーンエッジ近くからチップインで連続バーディ。さらに17番のバーディで、6バーディ、ノーボギーの66。通算13アンダーの3位タイと順位を落としたが首位とは2打差に迫った。

 一方、3アンダーの24位タイから出た石川遼は、3番パー5でイーグルスタート。続く4番はボギーとしたものの、5番でアプローチをピンそばに寄せてタップインバーディ、を奪い、8番のバーディで前半を3アンダー。

 後半も12番でバーディと通算7アンダーまで伸ばしたが、16番で痛恨のダブルボギー。続く17番はバーディとしたものの、1イーグル、4バーディ、1ボギー、1ダブルボギーの69。通算6アンダーの28位タイに後退した。

 16位タイからスタートした22歳のジャスティン・トーマスが、前半を1イーグル、4バーディの30で折り返すと、後半も5バーディを奪って61をマーク。スコアを11伸ばし、通算15アンダーの単独首位に浮上した。

 8位タイのブレンダン・スチールが1イーグル、7バーディの63で回り、9つスコアを伸ばして通算14アンダーの単独2位。

 初日62をマークして首位に立ったスコット・ピアシーは、インの10番から3連続バーディでスタートしたものの、後半はスコアを伸ばせず、5バーディ、2ボギーの69。通算13アンダーの3位タイに後退。

 大会2連覇中のライアン・ムーアは6バーディ、3ボギーの69で回り、通算8アンダーで8位タイから15位タイに後退した。

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ