ザ・プレジデンツカップ

米国男子

松山英樹が最終ホールで見せ場を作り引き分ける

日本からのファンの前で好プレーを見せた松山英樹 ザ・プレジデンツカップ(2015)(3日目) 写真・村上航
日本からのファンの前で好プレーを見せた松山英樹 ザ・プレジデンツカップ(2015)(3日目) 写真・村上航
ザ・プレジデンツカップ(10月8日~11日、韓国・ジャック・ニクラスGCコリア、7380ヤード、パー72)

 ザ・プレジデンツカップの3日目は、午前の部でフォーサム(1つのボールを交互に打つ形式)4試合が行われた。松山英樹は裵相文(ベ・サンムン)とコンビを組んでビル・ハース、マット・クーチャー組と対戦した。松山、裵とともに窮地を救う一発を見せて、オールスクエアで0.5ポイントを獲得した。

 最初に見せたのは裵だった。オールスクエアで迎えた15番(パー5)。米国選抜のクーチャーが13メートルのバーディパットをねじ込むと、世界選抜の4打目はグリーン奥のラフから8ヤードのアプローチが残った。下りの難しいラインだったが、裵がこれを沈めてゲームを守った。

 17番(パー3)は裵、松山ともにアプローチミスでポイントを落とす。1ダウンで迎えた18番(パー5)。米国選抜が2打目をグリーン奥にこぼしたのに対して、松山が227ヤードを5番アイアンで5メートルに2オン成功し、ギャラリーを沸かせる。グリーンが止まりにくい状況で圧巻の一撃だった。裵のイーグルパットは惜しくも外れたが、バーディでポイントを取り返して、オールスクエアで終えた。

「なかなかショットがピンに絡まなくて(ベ)サンムンに負担をかけていたので、最後くらいはと思って打ちました。負けなかったことはよかったです」

 最後に見せ場を作ってポイントを死守したことに笑顔を見せた。

 続くフォーボールで行われる午後の部は、再び裵と組み、ジミー・ウォーカー、クリス・カーク組と対戦する。

文・小高拓

【3日目・午前フォーサム4マッチの結果】米国選抜(1勝2引き分け)2ポイント・世界選抜(1勝2引き分け)2ポイント

×パトリック・リード、リッキー・ファウラー組 (3&2) ○ルイ・ウェストヘーゼン、ブランデン・グレース組
△バッバ・ワトソン、J・B・ホームズ組 (引き分け) △アダム・スコット、マーク・レイシュマン組
△ビル・ハース、クリス・カーク組 (引き分け) △裵相文、松山英樹組
○ジョーダン・スピース、ダスティン・ジョンソン組 (1UP) ×ジェイソン・デイ、シャール・シュワルツェル組

トータル=米国選抜7.5ポイント・世界選抜6.5ポイント

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ