ザ・プレジデンツカップ

米国男子

松山英樹、歴代賞金王コンビで9バーディの圧勝

午後のフォーボールでは松山英樹と裵相文のペアで米国選抜に圧勝 ザ・プレジデンツカップ(2015)(3日目) 写真・村上航
午後のフォーボールでは松山英樹と裵相文のペアで米国選抜に圧勝 ザ・プレジデンツカップ(2015)(3日目) 写真・村上航
ザ・プレジデンツカップ(10月8日~11日、韓国・ジャック・ニクラスGCコリア、7380ヤード、パー72)

 ザ・プレジデンツカップの3日目、午後の部はフォーボール(お互いがプレーをしていい方のスコアを採用)4試合が行われ、松山英樹は裵相文(ベ・サンムン)と組み、ジミー・ウォーカー、クリス・カーク組と対戦。6アンド5と大差で勝利した。

 2013年松山英樹、11年は裵相文と歴代の日本ツアー賞金王コンビがかみ合った。1番(パー4)で1.5メートルにつけた松山がバーディを奪って1アップ。2番、3番、で米国選抜がバーディを奪ったが、松山もバーディで応酬。6番(パー4)では、カークが5メートルを沈めてバーディとしたが、松山も4.5メートルをねじ込んでポイントを許さない。

 続く7番から裵が爆発。3ホール連続で5メートル前後のバーディパットを決めると10番、11番で松山が連続バーディと5ホール連続でポイントを取り、一気に6アップとたたみかけた。ポイントを取れば勝利というドーミーホールの12番(パー4)で、互いにパーだったが、米国チームは試合終了と勘違いをして握手を求めるシーンもあり、計算を間違えるほどのダメージを与えた。裵が日本語話せることから、コミュニケーションも抜群。お手本のようなコンビプレーで、13ホールで9つのバーディを奪った。

「序盤でいいパットを決められ、7番からはサンムンさんがパットを決めてくれました。午前中からコンビを組んでいいコンビネーションでプレーできました」

 松山がそういえば、

「6番の松山選手のバーディが大きかった。あれで流れに乗れ、僕もいいプレーができた」

 裵は松山のプレーで勢いに乗れたと、互いを賞賛した。

 3日目を終えて米国選抜9.5ポイント、世界選抜8.5ポイントと僅差で最終日のシングルス戦を迎える。松山英樹は4戦目に指名を受けてJ・B・ホームズと対戦する。序盤を任された松山は世界選抜の通算2勝目に向けて勢いをつけたいところだ。

文・小高拓

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ