ザ・プレジデンツカップ

米国男子

松山英樹「パットが入らず足を引っ張った」

グリーンに苦戦し、チャンスを決めきれなかった松山英樹 ザ・プレジデンツカップ(2015)(1日目) 写真・村上航
グリーンに苦戦し、チャンスを決めきれなかった松山英樹 ザ・プレジデンツカップ(2015)(1日目) 写真・村上航
ザ・プレジデンツカップ(10月8日~11日、韓国・ジャック・ニクラスGCコリア、7380ヤード、パー72)

 ザ・プレジデンツカップ初日、松山英樹はアダム・スコットとペアを組み、バッバ・ワトソン&J・B・ホームズと対戦。松山はショットでチャンスを作ったが、グリーン上で苦しみ、貢献できずに3&2で敗れた。

 1つのボールを交互に打つフォーサム形式のこの日、パー5が3つある奇数ホールのティショットをスコット、偶数ホールのティショットを松山が担当した。1番は、スコットがティショットでフェアウエーをキープし、松山が5メートルに乗せてチャンスを作り、惜しくもパー。ワトソン&ホームズ組はパーオンを逃してパーセーブがやっとと、コンビの良さを見せた。

 しかし、2番(パー4)で3.5メートルのバーディパットを外した松山に対して、ホームズが4メートルをねじ込んで1アップ。続く3番(パー5)は互いにバーディで分けると、4番、5番と連続でホームズがバーディパットを沈めて、5番を終えて3アップ。

 松山&スコット組も7番、10番でバーディを奪って2つ戻し、流れを引き戻したかに見えたが、スコットが11番で2.5メートル、13番で2メートル、松山は14番で3メートルと、入れればポイントを取れるパットを決められない。逆に15番、16番でワトソン&ホームズ組がバーディを奪って、3&2で勝利を収めた。

「今日は、パッティングがメーンでしたが入らなくて、足を引っ張ってしまいました。グリーンのスピードが見た目と違って、それにだまされてしまいました」

 いいショットでチャンスを演出したが、4メートル以内を5回外すなど、パットが入らずに肩を落とした松山。コンビを組んだスコットも「今日はお互いにパットが入らなかった」と、グリーンは起伏が激しく、タッチが合わないと入れることが難しい形状であるが、そろってグリーンの速さを合わせられない1日だった。

 それでもティショットの順番の作戦がはまり、多くのホールでチャンスを作り、明日以降の巻き返しに期待がかかった。しかし、ホールアウト後に行われた2日目のペアリング発表で、キャプテンのニック・プライスは松山をメンバーから外した。

 初日に地元韓国出身のべ・サンムンを「調子が悪そうだから」と外して勝負に徹するキャプテン。勝利を収めたルイ・ウェストヘーゼン&ブランデン・グレース組以外はすべて組替えを行い、フレッシュなペアで戦うと話した。松山にとってこの日のリベンジは、3日目まで温存する形となった。

文・小高拓

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ